在校生ブログ

Core courses(必修授業) & Learning team

2015.11.02 Category:授業: Core / LT

こんにちは、Class of 2017のSYです。今回は1年目の必修科目(Core Courses)とグループワーク為のチーム(Learning Team)についてご紹介します。 概要・制度: Whartonは卒業までに必要な単位が合計19単位でその内必修が9〜9.5、選択科目が9.5〜10となっています。今私は1年生の秋学期にいるわけですが、必修科目のWaiveをしていない限り(詳細後述)必修科目が中心の授業となっています。これが1年生の冬学期や2年生になると選択科目の割合が増えてゆくことになります。 Whartonの場合は必修科目がFixed CoreとFlexible Coreの2種類に分かれています。Fixed Coreは選択の余地なく自動的にクラスが割り振られる科目で、Flexible Coreは所謂選択必修で、例えば同じ必修の「組織マネジメント基礎」の授業でもManaging […]

この記事の続きを読む

子育て in Wharton

2015.10.27 Category:課外: Philly生活

こんにちは!class of 2017 のM.O.です。 私は1歳になる息子と夫の協力の下、家族3人でフィラデルフィアに暮らしています。今回は子育てin Whartonと銘打って、フィラデルフィアの子育ての様子を中心に御紹介したいと思います。 住環境 全米4位の人口を誇るフィラデルフィアは、日本で言えば秋田県や山形県と同じ北緯39度付近に位置する、いわゆる北国です。10月下旬の今は既に多くの人がダウンや、マフラーを身につけています。 Whartonの生徒のほとんどはフィラデルフィアの中心であるCenter Cityと呼ばれるエリアに住んでいます。東京などと比較すると、全米4位という割にはこじんまりした町で、生活をするのに車は必要ありません。ほとんどが徒歩圏内ですし、バスなどの公共交通機関を利用すれば大抵の用が足ります。たまに行く大型スーパーやアジア食品店などは少し距離があるので自家用車を使 […]

この記事の続きを読む

クラブ活動ご紹介:Wharton Dance Studio

2015.10.26 Category:課外: クラブ活動

Class of 2016のEGです。 授業の話から少し休憩し、今回はクラブ活動の話をしたいと思います。 Whartonにはプロフェショナル系(Consulting, Marketing, Social Impactなど)、国際・カルチャー系(Japan, Asia, Latin America など)、コミュニティサービス系(Wharton International Volunteer Programなど)、そして趣味系(Ski, Wine, Hockeyなど)の数えきれないほどのクラブがあります。 今回は趣味系クラブのWharton Dance Studioについてご紹介します。 Dance Studioは年一度、3月に20ほどのダンス作品のショーを主催・運営するクラブです。会場はUPenn構内にある約1000人を収容する大規模会場(もちろん毎年満員になります)で、ダンサーとしての参 […]

この記事の続きを読む

Elective coursesご紹介: Managerial Decision Making

2015.10.12 Category:授業: Electives

こんにちは、Class of 2016のKNです。 今回は、人気授業の1つであるManagerial Decision Makingのご紹介をしたいと思います。この授業は、心理学や行動経済学の知見を学ぶ授業で、下記2つを目的としています。 学生の意思決定の質を上げること。意思決定をする際に起こりがちなミスやバイアスを理解することで、より質の高い意思決定を出来るようになることを目指します。 もう一つは、他人の行動を予測し、それに影響を与える能力を高めること。こちらも、人間の意思決定や行動を理解することで、他人をうまくモチベートし、影響を与えていけるようになることが目標です。 いずれも、卒業後リーダー・マネージャーとして経営に関わっていく身として、とても大切な能力だと思います。講義が中心の授業ですが(ケースはありません)、授業前や授業中に様々なエクササイズに取り組み、より「身に染みる」形で学び […]

この記事の続きを読む

Elective coursesご紹介:Leading Effective Teams

2015.10.11 Category:授業: Electives

Class of 2016のRJです。 本投稿では、私が今期受講している、Wharton の著明な教授、Stuart Friedmanによる”Leading Effective Teams”について概説する。講座名の指す通り、組織・リーダーとしていかにEffective Teamを設計・構築し、一個人としていかにチームを育成・リードするかを学ぶ。12週間のコースの前半は、Effectiveなチームに求められる条件として、Richard Hackman (J. Richard Hackman著、Leading Teams)のフレームワークを中心に学ぶ(後半の個人としてのリーダー能力の育成については、期を改めて紹介したい)。 私が最も驚かされたのは、上記フレームワークを理解させるため、Action Learningを徹底させた緻密な授業設計だ。 まず、個人の課題として、毎週Hackmanフレー […]

この記事の続きを読む

Whartonのリーダーシップ プログラム

2015.10.04 Category:課外: Leadership Ventures

こんにちは、Class of 2016のY.Oです。10月に入りフィラデルフィアは一気に寒くなりました。コートが手放せなくなるシーズンがやってきました。 今回は私が参加したWhartonのリーダシッププログラム(Leadership Venture)の1つQuantico Military Simulationについて紹介したいと思います。このプログラムではQuanticoにあるアメリカ海兵隊の基地でOfficer Candidate School(OCS)に1泊2日で体験入学し、海兵隊のリーダーシップ教育を疑似体験します。 OCSとは OCSでは10週間に渡るきびしいプログラムを通して海兵隊入隊希望者の選抜を行っており、あえて精神的・肉体的に厳しい状況を作り出しその中でのリーダーシップ等を評価されます。プログラム全体の半分がリーダーシップ育成に充てられていることからも、いかに海兵隊がリー […]

この記事の続きを読む

ご挨拶

2015.09.22 Category:受験生向け/お知らせ

はじめまして、Wharton Japan Clubの2015-2016年度代表を務めるWG16の瀬戸及び新貝と申します。この度は数あるビジネススクール、ウェブサイトの中からWharton Japan Clubの公式HPへお越し頂き誠に有難うございます。 Wharton Japan ClubはThe Wharton School of the University of PennsylvaniaのWharton Graduate Associationにて正式登録されている組織であり、ウォートンのコミュニティ内における日本文化・日系企業のプレゼンスを高めることを目的とし、日本人及び日本に関心を持つ在校生が中心となり運営をしております。中でも例年在校生が主導となってアレンジをする150人規模のJapan TrekはMBAプログラムの中でも最大規模であり、またウォートンでも最も歴史の長いトレック […]

この記事の続きを読む

Wharton Japan Trek 2013

2013.03.10 Category:課外: クラブ活動

こんにちは、1年生のりょうです。 3/3〜3/9にかけて“Wharton Japan Trek”なる旅行イベントで、Wharton生150人を連れて日本中を行脚してきました。Japan TrekはWhartonの数あるTrekの中でも最大の規模を誇り、毎年150人の枠がわずか数十秒で埋まるという、凄い人気を誇っています。先輩方の努力の賜物で、学校側もLegendary Trekと認識しており、いわゆる学校の看板行事の一つと言えるイベントです。 今年は日本人12人に日本語が堪能な外国人3人を加えた15人のチームで企画・運営を行いました。準備には非常に時間が掛かり、特に年が明けてからはかなりの時間を費やしてJapan Trekにコミットしてきました。B-Schoolのハードな毎日とJapan Trekを両立する事は決して簡単ではありませんでしたし、Trek中も様々なトラブルに見舞われたり、オー […]

この記事の続きを読む

アドミッションオフィスとの対談

2013.02.19 Category:受験生向け/お知らせ

今までの説明会は日本人受験生に役立っているのか、もっと説明してほしいことがあるか、いつどこでやるのが妥当かといった内容についてアドミッションから質問を受け、ディスカッションをしたところ、こちらの意見を非常に熱心に聞いてくださいました。特に最近、アントレ、ソーシャルインパクト、リーダーシップの3つの分野について、キャンパスビジットにいらした方から聞かれることが非常に多く、その点について包括的にどのような機会があるのか紹介して欲しい旨、お願いしてきたところです。 受験生のみなさま、ちょうど2ndラウンド向けのインタビュー対策をされている方も多いと思います。在校生に聞きたいことがありましたらSkypeチャットも可能ですので遠慮なくおっしゃってくださいね!どうかお体にはお気をつけてー。

この記事の続きを読む

Team-Based Interviewについて

2012.12.03 Category:受験生向け/お知らせ

はじめまして、2年生のなおです。受験生がキャンパスビジットにいらした際に日本人在校生とのランチ/コーヒーチャットのアレンジ、日本での説明会の開催や合格後のサポートを担当しています。様々な受験生の方にお会いできるので、とても楽しんでます! 11月29日、MBA Admission OfficeのDirectorである、Ankur Kumar氏とランチに行く機会があり、その内容を受験生のみなさんに是非ご紹介したいと思います。 議論の中心はウォートンが今年から導入したTeam-based Interviewについて。Ankurによると、導入した理由は以下の二つ。 ①チームでのディスカッションをする際、どのような行動をとるのか。 ②①での自分を分析し、内省する力があるかどうか。 ウォートンに入学しますと、チームで何かする機会がとっても多いです。教授からチームで取り組むように指定されているものに加え […]

この記事の続きを読む

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ