「授業: Electives」カテゴリーアーカイブ

Semester in San Francisco

Class of 2017のSYです。今回は現在私が参加しているSemester in San Franciscoというプログラムについてと、その中で特に印象的だったクラスについて書きたいと思います。

[Semester in San Francisco(SSF)]

WhartonのFull Time MBA生向けに用意されているプログラムで、2年目の秋学期(9月~12月)のFull TermでWhartonのSub-campusがあるSan Franciscoで授業が受けられるというものです。クラスの規模は、約60名とコンパクトであり、その土地柄故、主にスタートアップやベンチャーキャピタル、ビッグテック(Google, Facebook, Amazon等々)、テック系のコンサル等のキャリアを考えている学生が集まっています。取ることができる授業もアントレプレナーシップやベンチャー投資、テクノロジーにフォーカスしたものが中心であり、実際にSan FranciscoやSilicon Valleyで活躍している現役の起業家や投資家がゲストスピーカーとして来訪する機会も多いです。更に授業外でのMeetupイベントや会社訪問、スタートアップやVCでのパートタイムインターンシップの機会も充実しており、倍率の高い人気のプログラムの一つとなっています。私も、「日本経済・日系企業をイノベーションを通して活性化する方法を見つける」という点をこのMBA留学中の命題の一つに据えていることもあり、刺激的で学びの多い生活を過ごしています。

[Legal and Transactional Aspects of Entrepreneurship]

SSFのユニークな授業の一つです。Bay Areaで活躍する弁護士Matthew Rossiter(リンク)が教えています。彼はFenwickというVCやスタートアップ等を幅広くサポートするLaw Firmのパートナーで、過去Virgin AmericaがまだStartupだったころにCorporate Lawyerとしてサポートした経験もあり、スタートアップという時間との戦いが求められる世界におけるLegal面のaspect(含む、legal的な確実性とスピードのバランスの取り方)について、Practicalな経験とProfessionalな知見の両面からの実践的なInsightsが得られるの人気授業です(かつSSFでしか取れません)。

授業の半分くらいはレクチャーの内容に即したゲストスピーカー(Lawyerや投資家、Entrepreneur等)が来るため、実際にInteractiveに西海岸のスタートアップの最新の実情を知ることもできます。先日のクラスではAsh FontanaというAngelList(2010年に設立されたOnlineのSeed InvestorとStartup、StartupとEmployeeのマッチングサイト)の元Founderがゲストとして登場し、西海岸のスタートアップの投資の最新トレンドにつき話をしてくれました。

このクラスを通して、今なぜスタートアップやスタートアップへの投資が注目されているのか、という点が良く説明されていました。これを時間軸のコンテクストの中でマクロ事象として理解するために、企業のInternal Communication Cost(従業員間の仕事の割り振りや情報伝達、社内政治、意思決定等にかかるコスト)とExternal Communication Cost(顧客やサプライヤー、政府等とのコミュニケーションにかかるコスト)と会社の規模(従業員数、etc)の関係性を表したものを比較しました。前者は企業の規模が大きくなるとコストが増加し、後者は企業の規模が大きくなるとコストが低下します(会社としてのCredibility/Brandの獲得や各方面への幅広いRelationshipの獲得等々の効果によるもの)。そして、このInternal CostとExternal Costの合計が最小になるポイントが、その時々における最適な会社の規模になる、という考え方です。

picture

この関係を図で表すと上記のようになります。左が一昔前のコスト構造で、右が昨今のコスト構造です。昨今、ITやインターネット、クラウドの発達によって例えば企業規模が小さくても直接顧客にコンタクトするのが簡単になったり、サプライヤーのサーチもクラウドソーシング等で対応できたりと、多くの自由からExternal  Costが劇的に下がっています。一方でInternal Costは引き続き高いままなので、結果的に最適な企業規模が小さくなってきているという説明です。故に会社の最適なサイズは小さくなってきており、そういった事業体に投資を実施してゆく必要性が増してきているとのことになります。

この点は、私自身もSSFのプログラムを通して、San FranciscoやSilicon Valleyのスタートアップ環境の中で時間を過ごす中で、ベンチャーの立ち上げやランニングコストの低下に伴って、スタートアップすることのリスクが低下したことが、これだけ多くのイノベーションが起こっている背景にあると肌感覚で感じておりましたが、この説明はその点をマクロ的な構造の減少としてすごくクリアに腹落ちさせてくれました。

さて、ではこのことを踏まえて自分の中で課題と据えている、「日本経済がイノベーションにより活性化されるにはどうすべきか?」という命題に対して、のアプローチをどう考えるかというと、思うところに、まず上述の通り、適正な企業サイズが小型化する中、特に新たなアイディアを考え出しサービスとして具現化するというプロセスにおいては、大企業のようなInternal Costの高いところよりはStartupのほうが有利であると考えています(不確実性の高い世界なのでじっくり議論・検討するよりは、アイディアベースでどんどんトライ&エラーを繰り返す方が市場からのフィードバックをサービスの改善に反映しやすいので有利という考えです)。

ともすれば、ある程度、大企業のInnovation/R&D機能をStartupにOutsourceしてゆくという発想が良いのではと思っています。一方でこうしたトレンドの中、米系を中心とした大企業による有望なスタートアップの早期のM&AによるInnovativeな人・製品・顧客の取り込み・囲い込みは劇的に増えてきているので、こうした競争に勝ち抜くためにも、できる限りEarlyなStageでのStartupへのアクセスは非常に大事になってきています。故に、大企業として、そうした有望なStartupの集まるAcceleratorやAngel投資家へのアクセスをどれだけ持てるかが一つの重要な要素になってくると感じています。この点は引き続き残りのプログラムの期間でより深堀してゆきたいと考えています。それではまた。

P3 (Purpose, Passion and Principles)

こんにちは、2年生のKNです。

段々と卒業が近づいています。Phillyでの2年間は驚くほど速く過ぎてしまいました。自分も含め、みな最後の1ヶ月ほどを大切に過ごそうという雰囲気がキャンパスでも感じられます。

さて、今回は「P3 (Purpose, Passion and Principles)」というプログラムについてご紹介したいと思います。端的に言えば、「P3」は、6名ほどのチームで毎週2時間、人生やキャリアについて議論をするプログラムです。

議論するトピックは、例えば、

  • 自分にとって人生の成功(Success)とは何か
  • 自分にとって幸せ(Happiness)とは何か
  • 両親が自分に持っている期待が、自分の人生観にどのような影響を与えているか。それとどう向き合うべきか
  • これまでの人生で転機となった出来事やその意味合い
  • 自分にとって「意味のある仕事(Meaningful work)」とは何か

といったものです。

このように書くと、ふわふわした会話をする、捉えようによってはちょっと気持ち悪い集まりのように見えるかもしれません。それは誤解です。

まず、実際に卒業後のキャリアやロングタームで目指したいことを決めかねている真剣な学生が集まるため(このプログラムへ参加するためには、簡単なエッセイを書いて選考に通らなければいけません。倍率は約2倍だそうです)、毎週の議論は地に足のついた非常に具体的なものになります。

また、毎回、心理学等のエビデンスに基づいた関連トピックに関する文章や実在人物の詳細な観察・分析が課題文献として課されます。それ自体が、思考を刺激する読む価値のある内容です。

いま、私も含め、何人かの友人がこのプログラムに参加しています。誰に聞いても、満足度は非常に高いようです。まずは、課題文献からヒントやガイドを受けながら、一定の時間を自分自身について考えるために使うこと自体がとても貴重な経験になっています。考えたことに対し、時に容赦ない質問をチームメートからされることにより、考えてもみなかったことを考えるきっかけになることもあります。(もちろん、チームでの会話は一切口外しないことが参加の条件です。)

さらに、他のチームメンバーの多様な考えを理解することで、いい意味で自分を客観視できることが大変役立っています。例えば私のチームは、ロシアからの移民家族に生まれ、両親が大変な苦労をしながらアメリカで生活を築いている姿を見ながら育った人や、学部時代にアメリカに渡り、アメリカ社会への適応に苦労してきた中国人など、まったく違うバックグラウンドの参加者がまったく異なる視点から考えや意見を述べ合う場になっています。こうした多様な同級生と、普段は明かすことのない深いレベルの話までを共有する・してもらうことができるのが、P3の最大の特徴です。

受験生の方の中にも、キャリアチェンジのきっかけとしてMBAを考えていらっしゃる方や、中長期のキャリアゴールが定まらない方がいらっしゃるかもしれません。2年間という時間の中で、同じような問いに、異なる視点から答えようとしている同級生と出会えることも、MBAの大きな意義といえるかもしれません。

参考ウェブサイト:https://leadership.wharton.upenn.edu/mba-students/p3/

Elective coursesご紹介:Leading Effective Teams(後半)

Class of 2016のRJです。

以前(10/11)、私が受講している、Whartonの看板教授であるStuart Friedmanによる “Leading Effective Teams”の前半の内容について概説したが、授業が終わった今、後半の内容についても紹介したい。

まず、前半習得したフレームワーク(J. Richard Hackman)は「チーム・組織が効果的に機能するために必要な前提条件は何か?」という事を俯瞰的に捉えるためのものだったが、後半の習得内容は、「チーム内のコミュニケーションを向上させるために人はどう振舞うべきか?」という、着眼点を自分・個人の行動に向けたものだった。用いたのはSchwarz (Roger Schwarz著、The Skilled Facilitator)という組織内のコミュニケーション力向上に特化したコンサルティングやファシリテーターの育成を行っている組織心理学者のモデル。具体的には、どのようなMindset、Core Values、Assumptionsをもって人と対峙するべきか、どのように行動すべきか(8つの行動規範)という内容。規範自体は「理由・主旨を説明しよう」とか「必要な情報は共有しよう」とかかなり平易なものばかりだが、継続的に実践しようとするとわりとしんどい。

以前も書いた通り、本授業の良い所はAction Learningの徹底にある。まず、プロジェクトチーム内の対話は規範の利用が強制される。次に、授業中はランダムに複数人のグループを組み、規範を用いて対話し、対話を観察している同級生から評価を受ける。最後に、他授業のプロジェクトチームに於いてもモデルを用い、その結果を報告する必要がある。本授業に関わるチームでは、全員がこのモデルを理解し強制的に使おうとしているので、不自然ではあるがまだ成立する。問題は他授業のグループワークに於ける本規範の継続的使用で、心掛けていても気づくと過去の対話方法に戻ってしまっていた。だが、苛立ちながらも使用を試みたことで、8つの規範のうちどれが得意・不得意かは理解出来たので、次セメスターで組むグループワークに於いても引き続き磨きたいスキルである。

次に、Philadelphiaに現存するチームをHackmanモデルを用いて分析するというチームプロジェクトは上記と並行して進められた。Action Learningを通してモデルの使い方を習得したのは勿論の事、本プロジェクトに於いて、私は顧客(Penn MedicineのTrauma Surgical Unit(緊急医療チーム))とのインターフェイスを担当し、英語で且つ非営利組織とのやり取りという貴重な経験を積むことができた。この役回りを買って出たのだが、未経験の人間に躊躇なくやらせてくれるのはWharton学生の良いところだと思う。チームにとっては決して最適とは言えない挑戦をさせてくれるのは、学びの環境として非常に有難い。

最後に、授業最終日にクラス全員が一番のtakeawayを発表したのだが、私にとっては立ち止まる事の大切さだった。前職でも、最初は戦略立案をするのだが、途中躓いても筋肉で乗り切るような仕事の仕方をしていたが、本授業で、立ち止まる事、特にプロジェクトの中間地点で意識的に立ち止まり、戦略を見直すことの重要性を学んだ。教授が常々言っていた「Slow down to speed up」の実践方法を最後に理解した形だ。今後のチームワークに於いて、上記行動期間と合わせ、是非習得したいスキルである。