在校生ブログ

カテゴリー : 授業関連


コンサルティングに関心をお持ちの皆様へ

2011.10.08 Category:授業: GIP/ GMC/ GCP/ FAP

二年生のお茶男です。 ウォートンといえば金融ばっかり、というイメージがあるんですが、実は他の分野においても非常に強いと実感しました。 私はコンサルティングに転職しようと思ってウォートンに入りました。 近年のウォートン卒業生の3割近くがコンサルに入ったなど、統計も事前に確認しました。 結局コンサルティングファームからのインターシップオファーを複数もらって、Top 3のコンサルティングファームの東京オフィスでインターンシップをしてフルタイムオファーも無事にもらえました。とても嬉しかったです。 ウォートンのコンサルティング関連のリソースに結構頼りました。 色々助かりました。 今回はウォートンの実践コンサルティングのプログラム(実際の企業や組織にコンサルティングを提供するプログラム)を紹介したいと思います。 Global Consulting Practicum – これはすごいと思い […]

この記事の続きを読む

理系にとってのWharton

2011.04.14 Category:授業: Electives

2年生のKHです。私はWharton 入学前までの9年間、通信業界でエンジニアをしていました。世界各国から集まるDiversity溢れるWharton の学生の中では私のような「純理系」は決して珍しくないのですが、日本からWhartonを受ける方の中にはあまり多くないように感じます。そこで「純理系」の方に少しでもイメージを膨らませて頂くために、私が今学期に受講している授業を簡単に紹介したいと思います。 Applied Probability Models in Marketing (MKTG776 by Fader, 1 cu) Excelを使って様々な事象をモデル化するためのスキルを身につけるための授業です。過去の売上げデータや解約データなどをモデル化することにより、正確な将来予測が可能となります。積分・シグマの記号や各種分布の名称(ポワソン分布・二項分布など)が乱れ飛ぶ極端に数字系の授 […]

この記事の続きを読む

Global Modular Class

2011.03.28 Category:授業: GIP/ GMC/ GCP/ FAP

春季休暇を利用して南アフリカ共和国のケープタウンで「Building New Markets」(新興市場に如何に参入するかという戦略、起業系の授業)を受講しました。 このクラスはウォートンのDEANであるThomas S Robertsonが「Outlines a Vision For Growth」の中で説明している3つの柱、「Social Impact」、「Global Presence」、「Innovation」のうちの「Global Presence」を強化する施策として今年の冬休みから開始されたGlobal Modular Classのうちの1つです。 Global Modular Classについて少し説明すると以下の通りです。 ・冬季休暇、春季休暇期間中に主に新興国のビジネススクールと提携し開発した授業を各提携先のキャンパス等にて開講、提携先の学生と共に講義、ケーススタディー […]

この記事の続きを読む

街へ飛び出せ!Field Application Project!

2011.02.18 Category:授業: GIP/ GMC/ GCP/ FAP

どうも、2年生のKIです。 先日(自称)日本人Social Impact担当のYH(笑)が紹介したField Application Project(FAP)を今学期履修しているので詳しく書きます。FAPとは企業や非営利団体等の依頼を受けて1セメスター(4ヶ月間)かけて依頼主と共同で市場調査をしたり、経営計画の策定やマーケティングプロジェクトの計画・実施等を行います。プロジェクトの目的が明確なものもあれば、クライアント(と呼んで良いのか分かりませんが)と協議の上でスコープを決定する事もあります。今年(2010-2011年)は合計で24のプロジェクトがあります。全てでは有りませんが、幾つか紹介します。 Sayre Health Care Center:フィラデルフィア西部にある非営利クリニックでの肥満対策プログラムの企画・実施(私がやっているやつです) Verizon Wireless:携帯 […]

この記事の続きを読む

WhartonにおけるSocial Impactに関連する授業

2011.02.05 Category:授業: Electives

こんにちは!Wharton日本人の自称Social Impact担当のYHです。 日本でもBOPや社会起業という言葉を耳にすることが多くなっているようで、本当に喜ばしいことで、最近受験生の方からも関連して問い合わせが多い質問は「WhartonはSocial ImpactのMajorがないようだが、一体どんな授業が履修できるのか?」というものです。とうことで本日はWhartonで履修可能な(UPennの他大学院のものは除きます)授業の一覧をご紹介させて頂きます。今日ご紹介する授業以外にもヘルスケア関連の授業やField Application Projectと呼ばれる、実際に企業やNPOの問題解決を行う授業もあります。 Business Ethics and Corporate Responsibility: This course examines the foundations of m […]

この記事の続きを読む

Wharton Global Immersion Program (GIP)

2010.11.28 Category:授業: GIP/ GMC/ GCP/ FAP

再び2年生のNKです。前回の投稿の続きとして今回は南米GIP参加の体験談をご紹介したいと思います。 南米には1年目の授業が終了した後、5月中旬から6月上旬まで約4週間弱滞在しました。南米GIPはあくまでも授業の一貫として提供されており、現地訪問前の約5週間は訪問国(今回はチリ、ペルー、ブラジル)の歴史、文化、経済について授業で学びます。現地研修後には授業で学んだ内容、1年目のMBAプログラムで学んだ内容を有機的に結びつけるレポートを作成し、これらを全て終了すれば単位獲得となります。 現地での研修については学校及び学生コーディネーター(訪問国出身の学生)が企業訪問先やアルムナイとのネットワーキングのスケジュールを設定していくのですが、参加学生にも訪問企業の提案等の機会がありプログラムをより充実させる機会が与えられています。 今回のGIP参加を振り返ると大きく分けて以下の3点で学びがありました […]

この記事の続きを読む

Wharton International Opportunity

2010.11.28 Category:授業: GIP/ GMC/ GCP/ FAP

2年生のNKです。1st RoundのInterviewもはじまり、2nd Roundの出願が近づく中、キャンパスビジターの方が増えています。今年夏に東京で日本人在校生/卒業生による学校説明会を開催したこともあり昨年よりもビジターの方の数が1.5倍ぐらいに増えており私達在校生も大変嬉しく思っています。 受験を考えておられる方、キャンパス訪問、授業の聴講、アドミッションイベントへの参加、在校生との交流等を通じてウォートンの魅力を実感していただければと思ってます。是非フィラデルフィアまでお越しください! 前置きが長くなりましたが今日の本題です。 ウォートンはトップビジネススクールの中でもInternational Opportunityが豊富な学校であることは間違いないと思います。同級生約850人のうち約40%が世界の約70カ国の出身のInternationalであるだけでなくInternat […]

この記事の続きを読む

Strategy and Competitive Advantage

2010.11.06 Category:授業: Electives

こんにちは、2年生のKIです。いよいよ11月に入り、フィラデルフィアは秋から冬への季節の変わり目で朝晩は本当に冷え込んできました。今回はタイトルにも有る通り、ウォートンのアカデミックについて少し深く触れたいと思います。私自身専攻はファイナンスですが最近すっかりストラテジーの授業(Elective / MGMT701 Strategy and Competitive Advantage/ Prof. Nicolaj Siggelkow)にハマっています。そこで今回はこのストラテジーの授業、MGMT 701についてご紹介します。 教授 教授はManagement Departmentの看板教授、Nicolas Siggelkowです(勝手に「シゲルコ」と呼んでいます)。シゲルコ教授はストラテジー学問界の重鎮、マイケルポーターと共同で論文も執筆しており、彼の受け持つ授業はウォートンでは1,2を争 […]

この記事の続きを読む

Wharton生がアクセスできる豊富なPEVCリソース

2010.10.21 Category:授業: Electives

2年生のYNです。 1st roundのinterview invitationや2nd roundのapplication 準備の追い込みの時期に差し掛かってきていると思いますので、今日は受験生の方に何か参考になればと思い、WhartonとPrivate Equity (“PE”), Venture Capital (“VC”) というテーマで投稿したいと思います。理由としては、新学期に入り日本から学校見学に来られる受験生の方が例年以上に増えている中で、実際にお会いした際にPEVC関連の質問を受けることが多いためです。 MBA取得後のcareerとしてPEVCを考えている人にとって、Whartonはbest business schoolの1つだと思っています。その一番の理由は、PEVC関連のresourceが非常に充実している点です。以下、授業、課外活動、同級生、卒業生、実際のcare […]

この記事の続きを読む

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ