「課外: Philly生活」カテゴリーアーカイブ

一斉更新!Class of 2022 日本人学生ブログ3:恋するウォートンMBA

こんにちは。Class of 2022の恋するウォートンMBAです。

実務的・実践的な有用情報については他の皆様がアップしてくれているので、今回のブログではMBAでの恋愛事情ってどうなってるの?アメリカと日本における恋愛の違いは?など、私が渡米直後に困惑した恋愛関連のおはなしにつき独断と偏見に基づき書いていこうと思います。

(How to meet?)

・主に8月から10月のハロウィン頃にかけては毎日どこかで何かしらのパーティが開催されていたり、週末を利用してのミニ旅行なんかも頻繁に開催されているので、そういった場で出会う場合が多いようです。

・なお、出会いの場で気になる人がいる場合には男女ともにあなたに興味がありますよ~という意味で相手をじーっと見たり軽く触れたりする「Flirting」という所作が多用されます(大変よく聞くワードですので覚えましょう)。ただしお国柄によっては男性が女性にFlirtingするのが礼儀のような場合もありますのでそちらは勘違いをしないように気を付けましょう。

(Dating Period)

・日本との大きな違いはデーティング期間の存在で、正式なお付き合いの前にデーティング期間と呼ばれるお試し期間が存在します。

日本は、デート→告白→お付き合い→諸々、に対して、

こちらでは、デーティング→諸々→お付き合い、という流れ。

このお試し期間については、通常の恋人のようにその相手と過ごせる一方で、その期間内の場合は何人とデーティングを平行してもOK!という暗黙の了解があります。なので、

男性「最近誰かと会ってるの(Are you seeing anyone?)」

女性「うん、デートしている人がいるよ」

男性「それってExclusive?」

女性「違うよ」

男性「じゃあ僕が誘っても問題ないね!今から家で一緒に映画見ない?」

みたいな感じです。なお、Exclusiveとはデーティング期間と正式なお付き合いの間といった位置づけで、お互い他の人とはデートしない約束をしつつも正式なお付き合いはもうちょっと待って、という状態です。

こんな曖昧な期間どれだけ続くねん、という感じですが、こちらは人それぞれで1週間程度で正式なお付き合いになる場合もあれば半年ほどかかる場合もあるようです。

・なお、正式なお付き合いへの移行については「Will you be my girlfriend?」と聞かれる場合もあれば、自然に友達に「She’s my girlfriend」とさらっと紹介される場合もあったりと、バラバラなようです。ただし基本的に男性が決定権を持っているイメージです…

(Official Relationship)

・さて、晴れて正式なお付き合いになった際には、びっくりするくらい一緒に行動するケースが多いです。日本ではそれぞれの飲み会なんかは別だと思うのですが、基本飲み会・パーティーは、パートナー同伴が基本。小規模な飲み会でも、パートナーを連れてくね~という人がかなり多く、ラーニンググループの懇親ディナーでも3名がパートナーを伴って現れました。

・なお、付き合って以降のハードルとしてはLoveかLikeか、というところでさらにステップがありまして、I love youという言葉にはそれなりの重みがあるなという印象です(一度言い始めると日常で多用するのですが)。

・なお、ある程度時間がたつと、同棲を考え始めるカップルが多いようです。日本の場合は結婚前の同棲については賛否が分かれるかと思いますが、こちらではほぼ必須のステップとしてMoving inが捉えられているようです。

(Others)

・私の周りの感覚では現在女子の8割程度がパートナーあり、男性は5-6割程度といったところで、特にClass of 2022は女子比率が低いこともあり、男性にとってはなかなか厳しい戦いのようです(知り合いは「All of the good girls are taken…」と嘆いていました)

・年齢は本当に関係ないなあという印象です。私はまあまあのハイエンドに位置しますが、年齢をまず初めに聞かれることもなければ、言っても「ふーん」という感じです。また若い子に比べてMatureだし素敵だね、というとらえ方をされることが多かったりもします。

・Ethnicityは同じ人種間がやはり多いです。

さて、つらつらと恋愛のことばかり書いてしまいましたが、個人的には仕事と同じくらい(私はそれ以上に)、だれと人生を過ごすか、ということは大事だと思っていますし、特に同じビジネススクールの仲間については同じビジョンや夢を共有できる場合が多いので、価値観も似た方に出会いやすいのではないかなと思います。

学業・ネットワークづくりももちろん大切ですが、もし独り身で渡米されるのであれば、恋愛も楽しむことでさらに楽しい学校生活になるかと思いますし、生涯のパートナーを見つける良い機会になるかもしれません。

なお、小職のMBA生活についてはツイッターにつらつらと記しておりますので、興味があればご覧くださいませ。それではまた。

#恋するウォートンMBA

MBAの効用とは?プログラムの3/4を終えた凡庸な一個人の感想

こんにちは。Class of 2021の者です。2年生の秋学期が先週終わり、MBA生活も残すところ4分の1となりました。今の時点で「MBA留学をして何が一番良かったか?」と聞かれたら、私は「人生について深く考える時間をしっかりと持てたこと」と答えています。

高額な学費を掛けてそんなことか、と思われる方が大勢いらっしゃるでしょうし、私自身今までこの部分について明確に言語化していなかったので、なぜこのように考えるに至ったのか書き起こしてみようと思います。

MBA出願においても人生について考えるが、文脈が限定的である

“Why MBA?” ”Why this school?” “Tell me about your accomplishments.” “What is your long-term goal?”

こういった質問はMBA出願プロセスで必ず回答を準備しておかないといけない質問でしょう。HBSやStanfordの質問は少し趣が異なりますが、回答に際しては上記の内容に触れる場合が多いと思います。

“Why MBA?” “Tell me about your accomplishment” といった質問への回答準備として、多くの方は今までの人生を棚卸して、アプリケーションに「使えそうな」ネタを探す作業を行うと思います。私自身、そのようなステップを踏みました。今まで深く考えたことのない過去の経験がMBAのアプリケーションに「使える」ネタになるということ、そしてそのストーリーに今まで気付かなかった自分自身の強みを見出すことができたこと。この2つの観点で、非常に意味のあるものだったと思います。

しかし、いざ”Why this school?” “What is your long-term goal?” といった質問になると、どうしても出願校のプログラムや特色に「合わせにいく」感覚がありませんか?少なくとも私はそうでした。各学校のWebsite閲覧、Info Sessionへの参加、在校生や卒業生との会話といった地道な情報収集プロセスを通して各学校の特色を理解し、フィットを確認。100%フィットがあると納得していないとしても有名校であれば出願しないのは勿体ないのでエッセイの内容をうまく合わせにいって出願。私は、このようにしていました。自分のアスピレーションを深堀していくというよりは、「米国MBAトップ校が金融バックグラウンドの日本人に何を求めているのか」を考えてエッセイを書いた要素が大きいです。

短期的な目標である合格を勝ち取るためには、合理的な方法だったと考えています。一方で、確たる将来の展望を描けていない歯痒さのようなものは感じていました。

Vulnerabilityを見せること、受け入れることが学校レベルで推奨されている

無事に合格を勝ち取り2019年8月にWharton Schoolに入学したのですが、入学直後のPre-Termの経験で”Vulnerability”という言葉が何度も何度も登場したことが意外且つ印象的でした。Vulnerabilityは日本語にすれば「弱み」と言えます。リーダーシップ教育で有名なWhartonで「弱みを見せること」「他人の弱みを受け入れること」が推奨されていたことは、新鮮な驚きでした。

ビジネススクールに入学した直後というのは同級生と知り合う機会に恵まれています。多くの学生がネットワーキングに集中する時期であり、知らない人とも積極的に話そうとする雰囲気がキャンパス中に溢れます。

一方で、バックグラウンドの違う人々が集う場で共通の話題と言えば「入学前はどこで何の仕事をしていたのか?」「受験プロセスはどうだったか?」「卒業後どういう業界で働きたいか?」といった内容に凝縮されます。雑談もするのですが、留学生であれば出身地を言ったところで「日本行ってみたいよ!」「一度行ったけど素晴らしい国だったな。ご飯は美味しいし人は優しいし電車は正確だし。旅行では東京と京都と奈良を1週間で巡ったよ。また行きたいな」「フィラデルフィアで美味しい寿司屋はどこ?」等の質問をもらえればいい方で(それでもそこまで会話が長続きする保証はない)、さして関心を示してもらえない場合もあります。

そうやって同じような会話を繰り返していくことに疲れ、名前を覚えられないストレスを感じ、パーティー続きで体力を奪われ・・・といった日々が当初続いていきます。

そんな日々を過ごす中、入学から3週間程経った時に実施されたSmall Group Dinnerが印象的でした。10人程の同級生がアパートに集まり、2年生が1人ファシリテーターをするという形式だったのですが、ありきたりな自己紹介ではなく、より個人の深い部分を理解できるような質問が用意されていました。例えば「辛かった経験とそこからどう立ち直ったか」といったお題で1人ひとりが語ったのですが、辛い経験を思い出して泣き出す学生がいました。経歴だけ見ればHarvard学部卒・Wharton MBAでエリート街道を突き進む彼女が見せた涙は、とても印象的でした。あまりに深い話で掛ける言葉が見つからないほどだったのですが、「Vulnerableになる、とはこういうことか」と納得がいったのと同時に、「Vulnerabilityを受け入れられる人間になるにはどうすればいいのか」という課題が浮かんだ夜でもありました。

自分の過去・現在・未来を話す機会に多くの学生が参加する

Small Group Dinnerは学生全員が通る道ですが、必ずしも泣くような話をする必要はなく、ファシリテーターの力量にもよるので皆が皆特別な時間を過ごすとも限りません。雑談で終わる場合もあるとは聞いています。それでも、このような体験をした人もしなかった人も「Vulnerableになること」というキーワードを時々口にしますし、実行もします。

例えば、Storytellers。クラブの一つですが、1ヶ月に1度開催される集まりでは自ら手を挙げた学生がその日のテーマに沿った話をして、皆がそれを聞きます。Small Group Dinnerでの彼女の話のように、壮絶な人生の話、家族の話等が多く含まれます。でも、それを彼ら・彼女らは話すのです。そして聴衆である学生は真に共感しエールを送るのです。

他にも、P3というプログラムがあります。6人1グループで6週間連続で3時間の集まりを持ち、「文化や家族が自分に与えた影響」「自らが幸せと感じること」「人生で成し遂げたいこと」等を話します。全員に課題図書が与えられ、その本に基づいて例えば「『貧乏だが家族に囲まれた石切工』と『キャリアで多くを達成しているが家族と会う時間がほとんどないテニスプレーヤー』のどちらが幸せだと思うか、そしてなぜ自分はそう考えるのか?」といった内容の議論をします。

また、お遊びの旅行中にもこういった会話が登場することがあります。キャンパスから遠く離れた場所で、リラックスして、お互いの人生について語る。ただし、決して深い話を強制はしない。こういった場が多く用意されているのがWhartonの特徴だと思います(他の学校もそうなのかもしれませんが)。

コンテクストを共有する一方で多様性に溢れた人々と話すことに意味がある

では、なぜそれが自分にとって意味のある体験だったのか考えてみたいと思います。冒頭で述べた通り、MBA留学にあたって一通り考えた内容の筈です。そこから短期間で大きく自分という人間が変わる訳ではありません。

でも、やはり出願プロセスにおいて使ったのはあくまで「使える」ストーリーであり「合わせにいっている」夢だったと思います。本当は根源的に自分が喜びを感じることややりたいことがあっても、それを抑えたり気付かなかったりしていることって、案外あるんじゃないかなと思います。それを考えること、他人の話を聞いて相対化することに意味を感じました。

また、全く関係のない他人と話している訳ではなく、Whartonという学校に同じタイミングで在籍している同年代の友人と、同じ本を読んだり似たような経験をした上で比較するアウトプットというのは、自分の過去・現在・未来を考える上でのベンチマークとしてちょうどいいと思います。

あくまでWhartonがSafe Spaceであることの効果も大きいです。Vulnerableな話については、厳にその場限りにするというルールがあります。同じ話を職場でしたら「ヤバい奴いるな」とレッテルを貼られて噂になったり、昔からの友人に話しても「なんかアツく語っているな」と思われたり、そういったリスクが少なからずあると思うんです。でも、Whartonはそうではない。夢を応援する場であり、Vulnerabilityを受け入れる場であるのです。そういった場所で、同級生と大いに語り自分の人生について考えたことは、本当に大きかったと考えています。

ある夜、仲のいい友人と私の自宅で2人で飲みながら将来について話していました。私がある拍子に「今マネジメントになったとしたら、やっぱり厳しいかな・・・」といったことを話したときに彼はこう言いました。「君のような人間ができなかったら誰ができるんだ?誰もが入れる訳ではない学校に選ばれて入学しているんだから、君ができないって言ったらダメだ。僕はそういう気持ちで将来を考えている」と。非常に青臭い話、且つエリート意識にまみれた醜い考え方と思う方がいらっしゃるかもしれません。でも、「自分には出来る」というマインドセット、そして困難を受け入れる心構えを彼は与えてくれました。

このような体験が多くあり、その積み重ねで自分の考え方が変わっていったことは事実です。

さいごに

ここまで、一個人の意見として 「人生について深く考える時間をしっかりと持てたこと」 について言語化してみました。冒頭で触れた通り、「それだけでは学費が正当化されない」と思われる方もいるかもしれません。でも大丈夫です。私にとって、「人生について深く考える時間をしっかりと持てたこと」が現状MBAに行って最も良かったことだと思う一方で、授業での学び・教授との会話による気付き・リクルーティングのリソースの充実・課外活動でのチャレンジ等は言うまでもなく素晴らしいものです。ただ、入学時点では微塵も考えなかった「人生について深く考えること」という青臭い内容の効用が、思った以上に大きく今後の人生に影響しそうだと感じています。

卒業後、語り合った同級生と頻繁に会うことはなくなると思います。家庭や仕事に忙しくなる中で、どれだけ彼ら・彼女らとじっくり時間を過ごせるかは分かりません。そもそも無理かもしれません。

でも、Small Group Dinnerでの彼女の涙を(そしてそれを受け入れることのできなかった自分を)、Storytellersで衝撃を受けたあの話を、旅行先で語り合ったあの夜を、友人が私に喝を入れたあの瞬間を、今後も思い出して自分の糧にしていくという確信を、強く持っています。

おわり

就職活動(コンサル)・1年生前半の学生生活

Class of 2021の者です。受験生の皆様から就職活動についてお問い合わせを受けることが多いので、自分の経験をブログに綴ります。尚、メインは夏休みのインターンシップに向けた、1年生の就職活動です。そして、業界としては、私が就職活動をしたコンサルティング会社(東京オフィス)が中心です。一方で、Wharton Schoolの1年生の8月~2月に掛けてのスケジュール感がイメージできるように書いていますので、

  • 「1年生のAcademics/Social/Recruitingのバランスを知りたい」
  • 「MBA後のキャリアとしてコンサルティング会社に興味がある」

といった方々の参考になれば幸いです。

また、各月のAcademics/Social/Recruitingの労力の割き方のイメージが分かるように、各月の冒頭に“A:S:R = 5:2:3“といった目安を記しています。

私見を多く含みますが、少しでもご参考になれば幸いです。

1.スケジュール

8月      A:S:R = 3:7:0

入学直後はリーダーシップ・チームワークの授業があるものの、他の時間は多くの同級生と知り合う為の時間に費やされる。リクルーティングについては、MBA Career Management Officeからオリエンテーションがあるものの、学生は「まだ先の話。今を楽しもう!」という感覚でいる。

9月 A:S:R = 4:4:2

授業が本格的に始まり、授業・個人課題・グループワーク等で皆忙しくなる。一方でソーシャルは継続。毎週木曜日に大きなパーティーが開催され、それはそれで忙しい(二日酔いで翌日も機能しない)。一方で、学校が取りまとめるレジュメ・ブック(全学生の履歴書が掲載された本で、MBA採用に興味のある企業に配布される)用のレジュメの提出期限が10月上旬なので、少しずつリクルーティングが意識される。

尚、MBA受験時にレジュメの提出は必須だが、MBA受験用とリクルーティング用では強調するポイントが異なるので、基本的に全員がMBA受験用のレジュメを修正する必要がある。MBA Career Management Officeがレジュメの書き方ワークショップを開催してくれたり、個別面談に応じてくれたり、2年生のフィードバックセッションを設定してくれたりするので、米国式の就職活動向けレジュメの作成のノウハウを持っていなくても、心配は要らない。東京オフィスを希望する場合でも、英語のレジュメの提出が必須である。日本語の履歴書は不要。

10月 A:S:R=3:4:3

月の前半は第1Qの試験期間なので勉強モードが継続するが、10月下旬から本格的なリクルーティング期間が始まり人によっては全く授業に参加しなくなる。特に投資銀行のリクルーティングをする人は頻繁にNYに行く必要があり、授業を欠席しがち。

コンサルティングやテック系の会社の場合、キャンパス内またはキャンパス近辺で説明会/Coffee Chat/Drinksを頻繁に開催してくれるので授業との両立は可能。一方でリクルーティングに力を入れる学生の多くは企業の方々とのネットワーキングに時間を費やし始める。

因みにCoffee ChatやDrinksは当然ながら学生は無料で参加できる。美味しいドーナツやバーガーを沢山無料で食べることができるので案外毎日楽しい。

11月 A:S:R=3:3:4

第2Qに入り、勉強のリズムは多くの人が掴めてきているのと、このタイミングに忙しいことを見越してあまり授業を履修していない人が結構いるのとでAcademicsは盛り上がりに欠ける。一方で、面接のある1月を除けばリクルーティングが最も盛り上がる月と言える。

多くのイベントが11月3週目のThanksgiving前に集中するので、ほぼ毎日何らかのイベントがある状態。それに加えて、コンサルティング会社の面接ではケース面接というのがあるので、その準備も意識される。Thanksgiving 休暇には旅行を企画している学生も多く、旅行ぐらいは楽しみたいということで、それまでにネットワーキングと面接練習の目途を立ててしまおうという人が多い。

ケース面接については、所謂MBB(McKinsey, BCG, Bain)から社費できている同級生に面接官役を依頼したり、Career Management OfficeやConsulting Clubが提供するケース面接練習のスロット(面接官役の多くは夏にコンサルティング会社でインターンをした2年生)を利用したり、同級生同士で練習したりして対策する。

日本人については、11月上旬に開催されるボストンキャリアフォーラムで各コンサルティング会社の東京オフィスの方々と面談(面接ではない)することが多い。

11月中旬に申し込みの締め切りが集中する。提出資料は多くなく、9月に完成させたレジュメがメインだが、完成度に自信がない人はここで再修正をして提出する。多くの人が1月に開催される面接の招待を受ける。

12月 A:S:R=3:3:4

12月上旬は期末試験期間。リクルーティングイベントもひと段落し、しばし勉強に追われる日々。冬休みに旅行を企画する学生が多く、それはそれで楽しむ。一方で冬休み中もリモートでケース面接練習をしたり、旅行している同級生同士で面接練習をしたりすることがあるらしい。1月中旬の面接ではケースの出来もさることながらFIT面接(志望動機や過去の経験等に関する面接)も重要であることから、12月に入ってFIT面接対策を始める人も多い。

1月 A:S:R=2:2:6

第3Qの授業は1月最終週まで始まらない。コンサルティング会社や投資銀行は1月中旬には全ての面接を終えるので、これらの業界を志望している学生は面接に全力投球。最も学生が精神的に不安定になる月と言える。早めに内定を勝ち取って安堵する学生もいれば、望んだ会社からオファーがもらえず軌道修正を求められる学生もいて、リクルーティングの話をするのはなかなか気まずい。

1月末から、各社が内定者懇親会のようなものを開催する。そこで初めて友人が同じ会社に内定をもらったことを知ることもしばしば。

2月 A:S:R=4:6:0

コンサルティング、投資銀行の就職活動をしていた組は早々にリラックスモードに入る。今まで疎かにしていた勉強を頑張る学生もいれば、ソーシャルに走る学生もいる。一方でテックやPE、VCの就職活動をしている学生はまだまだ正念場。Zoom等でチャットしてる姿がキャンパス内で頻繁に見かけられる。また、西海岸に行く学生も多い。

以上、半年間のスケジュールのイメージでした。

2.リソース

上記のスケジュールでも触れていますが、学生が得られるリソースについて纏めます。

Career Management Office

専属のキャリアアドバイザーがいます。コンサルティング会社の場合は2名。レジュメ・面接(ただし、FITに限る)のアドバイスを個別にしてくれますが、忙しいのでリクルーティング期間を通して3回ぐらいしか会えないという感覚です。

MBA Career Fellows

Career Management Officeが指定した2年生。忙しいキャリアアドバイザーを補完する形で、面接練習やレジュメの確認に時間を費やしてくれます。

Consulting Club

2年生がケース面接のワークショップを開催してくれたり、実際に面接練習に付き合ってくれます。コンサルティング会社へのリクルーティングを目指すのであれば参加必須と言えるでしょう。

同級生

MBBの社費生が多くいます。彼ら/彼女らは面接の練習に良く付き合ってくれます。各社の実態を知るのにもいいでしょう。また、面接練習慣れしてきた1年生もいいアドバイスをくれることが多いですが、MBB社費生に練習相手になってもらう場合と違って、自分も面接官役にならないといけないので、練習だけで2時間かかります。勿論、他人の面接官役をやることで多くの気付きを得ることもできます。

各社の専属リクルーター

MBBがWharton専門のリクルーターをキャンパス近くに張り付けにします。Coffee Chatやケース面接対策等、親身になって対応してくれるので非常に有用です。

3.役立ったツール

Rocketblocks: ケース面接のフレームワーク、計算、ブレインストーミングを練習できます。

Caseinterview.com:良インタビュー、悪インタビュー例は秀逸です。

一方で、私個人の意見ですが、あまりに型にはまったケース面接対策本は役に立ちませんでした。寧ろ『イシューからはじめよ』『企業参謀』『論点思考』『仮説思考』といった本の方が、本質に近くて好きでした。

4.所感

ケース面接について不安に思っている方がいると思います。実際にWharton生でも多くの学生は30回程度練習を積んで本番に臨むケースが多いです。ただ、練習は量ではなく質が大事だと考えます。本質を掴む力を鍛え、弱みを潰す機会を充分に確保していれば(それはRocketblocksでもできます)、回数が少なくても充分に内定を勝ち取ることは可能です。

また、どのMBBからの社費生に聞いても「FIT面接はケース面接と同じかそれ以上に重要」と声をそろえて言います。そもそもなぜコンサルティング会社なのか、腹落ちするまで考えることをお勧めします。

一方で、ネットワーキングは必要最低限で構わないです。特に東京オフィスを目指す場合、キャンパスにいるリクルーターと非常に仲良くなったところで得られる効果は限定的だと思うので、各セッションは各社の文化を知る機会(あるいは美味しいドーナツを食べる機会)と割り切って参加すればいいと思います。

以上、冒頭にも申し上げた通り、飽く迄私見を多く含みます。内定獲得までの道は一人ひとり違いますが、ひとつの事例としてご参考になれば幸いです。

もしご不明点があれば、いつでもお問い合わせフォームで質問ください。