「課外: Leadership Ventures」カテゴリーアーカイブ

Alaska Leadership Venture

Class of 2017のNSです。今回は私が5月に10日間参加したAlaska Leadership Ventureについて投稿します。

Alaska Leadership Ventureの概要

Wharton Leadership Venture (外部リンク) は、学校を飛び出し外部機関の協力を借りて集中したリーダーシップ教育を行うプログラムです。大きく分けると、週末にフィラデルフィア周辺で行われるIntensiveと、数日間~2週間程度にわたり世界各地で実施されるExpeditionに分類されます。またその他にも、Workshopと呼ばれるキャンパス周辺でのセミナー・勉強会も複数開催されています。因みにこれらはWhartonから公式に提供されてはいますが、一部希望者向けの履修外プログラムですので単位取得はできません。

今回私が参加したのは10日間にわたるアラスカ登山合宿で、Expeditionの中でも比較的長期のプログラムに当たります。NOLS –  National Outdoor Leadership School (外部リンク) というNPO教育機関と提携し、6名のインストラクター、2名のLeadership fellows (Leadership venutreの参加経験がある2年生)、そして20名の学生が参加をしました。現地では14名ずつの2チームにわかれ、日ごとにそのリーダーを代えながら、1週間強の期間を共に過ごしました。岩山での登山、雪山でロープをつけての登山、毎日の飯盒炊飯、テント設置、トイレ問題(!)など、ここでしかできない経験ばかりでしたのでひとつひとつを説明することはできませんが、以下ビデオをご覧頂くとイメージをつかんでいただけるのではと思います。

参加してみて感じたこと/学んだこと

第一に驚いたのは、アメリカにおけるリーダーシップ教育の充実度です。NOLSはアメリカ軍にも教育プログラムを提供しているNPOなのですが、Whartonのような教育機関との提携の歴史も長く、こちらの身体的レベルや学習ニーズが非常によく考慮されているなと感じました。まず身体的な意味では、初日から「体重の50%の重さの荷物を背負って岩山・雪山を歩きます」と言われて正直驚きました。腰痛や足のまめに苛まれながら歩き続けた1週間は、想像していたより遥かに辛かったです。他のメンバーも皆どこかで「辛い、どうしよう」と思ったタイミングがあったようで、その意味では「追い詰められたとき自分/チームはどう行動するのか」を知る機会を、絶妙なレベルで提供してくれたのではと思います。また学習ニーズへの理解という意味ではNOLSから参加してくれたインストラクター陣がすばらしく、常に「この特殊な経験が、実社会でどう活きるのか」を考えるよう誘導してくれました。参加する前はインストラクター=登山のプロだと思っていたのですが、蓋を開けてみると海軍出身で組織コーチングをしている人、弁護士、研究者等、多様な経験を活かしたインストラクター陣がこの学びの場を作ってくれていることがわかりました。このような幅広い人材がプログラムに貢献する基盤があること、またこれらの機会が私たちのような学生にも開かれているということは、アメリカのリーダーシップ教育の強さ・懐の深さではないかと思います。

第二の気づきは、人間は思った以上に感情に左右されるものだということです。特に目から鱗だったのは、「進捗がわからない努力ほど気持ちを萎えさせるものはない」ということを身をもって経験できたことでした。Leadership ventureでは毎日夕食後に振り返り (debrief) を行ったのですが、面白いことに、その日の行程の難易度とメンバーの疲労度とはあまり関係がないようでした。むしろ多くのメンバーを疲れさせたのは、「次の休憩がいつかわからなかった」「進捗がわからなかった」(雪山ではロープを張り続けていないといけないので、休憩時以外は前後の人と会話ができない為) という”漠然とした努力”の部分でした。自分がリーダーをしていると、小さな進捗 (例えば15km歩かなければいけない日の最初の1km) をチームにいちいち共有するのは憚られる気がします。ですが、実は進んだ距離自体はあまり重要ではなく、「正しい方向に着実に進んでいること」「自分の位置がわかること」を共有することにより意味がありました。簡単なことではありますが、自分が引っ張る立場になると意外と忘れてしまいがちではないでしょうか。
(因みに、ある軍隊での1番辛い訓練のひとつにも「目的も距離も知らせないまま、ただ走らせる」というものがあるそうです。そうすると、大抵の人が自分が本来走れる距離に遠く及ばず脱落してしまうとのことでした。)

第三の学びは、インストラクターの1人からもらったアドバイスで、「この経験や学びを人に積極的に話すように。なぜなら、ぱっと話せるくらいでないと大事なときに思い出せないから!」というものでした。これは、なぜ偉大なリーダーに素敵な”story teller”が多いのか、に対する、ひとつの良い説明なのではないかと思います。多くの場合経験は一度きりですが、その学びを「使える」状態に保つことができるかどうかはその後のメンテナンス次第です。優れたリーダーは、人に伝えたいと思って物語ることによって実は自分の学びを効率的に概念化し整理しているのではないでしょうか。個々の経験・学びを放置せず常に記憶の引き出しを整理しているからこそ、必要な時に迅速な意思決定ができるのかもしれません。そしてもちろん、他の人と学びを共有することによって新たな気づきを得られる可能性も広がっていくのだと思います。私は自分のことをわかりやすく/面白く話すのが得意でなく、アメリカに来てから特に苦労をしていますが、諦めず長い目で努力をしていこうと改めて自分に言い聞かせています。

上記の通り、私にとってAlaska Leadership Ventureは特別な経験になりました。長くなってしまうので敢えてふれませんでしたが、10日間の全て (本当に24時間!) を共にした仲間たちとの交流も、参加しなければ得られないものだったと思います。加えてアラスカの大自然はただただ美しく広大で、そんな場所に立ち入ることのできる幸運を噛みしめると同時に、私たちが普段どれだけ物質に頼ってゴミを捨てながら生活しているのかについても深く考えさせられました。Leadership VentureはWhartonが提供する特にユニークなプログラムのひとつですので、MBAをご検討の方には強くお勧めします。ご質問等ございましたら、いつでもお問合わせください。

リーダーシッププログラム:ニューヨーク消防署(Fire Department New York, FDNY)

Class of 2016のEGです。

今回は、Whartonのリーダーシッププログラムの1つである、FDNY Intensiveについてご紹介します。以前YOから投稿があったQuantico Military Simulationと同様、このプログラムも、非日常的な不慣れで肉体的にも辛い環境の中で判断力とチームワーク、そしてリーダーシップを学ぶものです。

その名の通り、このプログラムはニューヨーク消防署(Fire Department New York, FDNY)が提供するチームビルディングトレーニングに参加するものです。訪れたFDNYの訓練所はニューヨークシティの外れにあり、大きな敷地には多数のシミュレーション用建物が並んでいます。ここは、リーダーシップやチームワークの訓練を重要視する様々な団体が消防隊の訓練プログラムを通して学ぶための施設になっています。Whartonは数年前からこちらでプログラムに参加させていただいていますが、そのほか多くの企業のリーダーシップ研修などでも利用されているそうです。

訓練プログラムでは、実際に消防士のユニフォームを着て、酸素マスクをつけ、消火活動やサーチ活動などを行います。一日かけて6つのアクティビティを10人ほどのメンバーで体験し、アクティビティ毎にメンバーで反省点や学びを議論し合います。この体験と反省の繰り返しにより、メンバーの意識とチームワークが徐々に磨かれていきます。

実際のアクティビティの詳細をお伝えすることはできませんが(内容を聞いてしまうと実際体験する際の学びが減ってしまうため)、私が研修を通して学んだ3つのポイントをご紹介します。

  • 「思い込み」への気づき

私たちは普段、多くの判断を、深く考えたり誰かに相談したりすることなくしています。日常の判断の多くは、実はパターン化されているのです(例えば、空を見上げて暗い雲が多いと、私たちは半ば自動的に傘を用意します)。これは、日常生活ではとても効率的ですが、いつもと違うことが起こった際には大きな判断ミスの原因になってしまいます。特に、火事などの緊急事態では、こうした判断ミスが命取りになってしまいます。訓練中何度もそのような体験をし、(反省をした直後にまた犯してしまうこともあり、)私たちはいかに「深く考えない判断」に慣れてしまっているかを、身を以て体験しました。その罠にはまらないためには、思い込みに囚われず、フレキシブルに色んな可能性を想像する、また、一人で判断しようとせず、チームメンバーに相談するという二点の重要性を再確認しました。

  • コミュニケーションルールの設定

チームワークにおいてコミュニケーションは不可欠です。上記でも述べたように、各個人の思い込みで行動することを防ぐためにも重要です。しかし、時にはコミュニケーションそのものが非常に難しい状況があります。いくつかのアクティビティでは、暗闇や煙の中、酸素マスクをつけ、床を這っている状態を強いられ、ほとんど何も見えず、聞こえもしない状況になることがありました。そうした中、メンバーと意思疎通ができずに焦ったり、それぞれがバラバラに効率の悪い動き方をしてしまったこともありました。日常でも、例えば交渉相手との商談中など、チームメンバーと通常のコミュニケーションができない場面があります。メンバー間の意思疎通が重要となる場面では、事前にコミュニケーションルールを設定することで、チームの効率をあげることができることを学びました。

  • チーム内の適切な役割分担

アクティビティを重ねる毎に、チームメンバーの特徴を理解するようになり、適切な体制の組み方を工夫するようになりました。プログラム中は、アクティビティ間のディブリーフィング中に話し合って役割分担を変えたり、上記のようにコミュニケーションが取りづらい環境の中ジェスチャーで会話をし体制を入れ替えたり、または、数分しか時間がないなか瞬時に役割分担をしなければならなかったり、など、様々な形で最適なチーム体制をとることが求められ、互いを理解し、適切な役割分担を考える良いトレーニングになりました。

このように、不慣れな環境だからこそ、日常では気付かないような癖を発見することが出来たと感じます。更に、チームで行動・反省することにより深い学を得ることができました。

加えて、施設ではFDNYの方が指導につき、休憩時間等に彼らの実体験などを聞くこともできる貴重な体験でした。(こちらでは、FDNYは大変な尊敬を集めています。)こういった課外プログラムを通してビジネス外のリーダーシップに触れる機会はまさにWhartonならではです。

総じて、大変貴重な機会となり、誰にでも強くお勧めできるトレーニングでした。

Whartonのリーダーシップ プログラム

こんにちは、Class of 2016のY.Oです。10月に入りフィラデルフィアは一気に寒くなりました。コートが手放せなくなるシーズンがやってきました。

今回は私が参加したWhartonのリーダシッププログラム(Leadership Venture)の1つQuantico Military Simulationについて紹介したいと思います。このプログラムではQuanticoにあるアメリカ海兵隊の基地でOfficer Candidate School(OCS)に1泊2日で体験入学し、海兵隊のリーダーシップ教育を疑似体験します。

OCSとは
OCSでは10週間に渡るきびしいプログラムを通して海兵隊入隊希望者の選抜を行っており、あえて精神的・肉体的に厳しい状況を作り出しその中でのリーダーシップ等を評価されます。プログラム全体の半分がリーダーシップ育成に充てられていることからも、いかに海兵隊がリーダーシップ教育に力を入れているかが分かると思います。また、入学したら海兵隊員になれるわけではなく、途中で能力不足と判断されたら退学になる厳しい世界です。印象的だったのは、体力的な問題で退学になっても再入学するチャンスはあるが、倫理違反が理由で退学になったら二度と入学するチャンスはないということです。海兵隊は生きるか死ぬかの世界なので、信頼できる仲間かどうかが絶対条件なのは納得できます。

一日目~二日目朝
木曜日夜にバスで基地に到着し、簡単な説明を受けるとプログラム開始です。バラックと呼ばれる宿舎に入るまで小走りで走りながら、荷物を置け、右に曲がれ、Uターンしろ、、、等、軍曹から様々な命令を受けます。少しでも遅れたり、返事の声が小さいと容赦なく顔の前で怒鳴られます。。発していいのは「Aye aye sir」のみで、上官への絶対服従を叩き込まれます。

バラックに着いてからも深夜まで容赦なく続きます。1つ1つの命令は荷物をしまえ/出せ、ヘルメットを被れ/脱げ 等単純なもので、普通なら10秒あれば余裕でできるものです。しかし、数時間に渡り怒鳴られ続け、かつ大声で目の前でカウントダウンされるとできない人が出てきます。カオスな状況下では冷静な判断や行動ができなくなるということを実感しました。

また、バラックにはプライベートな空間は一切ありません。軍隊はチームワークが基本、を叩き込むため意図的にプライベートを無くしているとのことです。トイレの個室にもドアがない程徹底されています。ここで10週間生活はかなり辛そうです。。

二日目朝
一日目のカオスな状態は、数時間の仮眠を挟んで二日目の早朝まで続きました。その後は一転して、教室での普通のレクチャー。OCSの理念や、海兵隊でのリーダーシップの考え方等のレクチャーを受けました。

リーダーシップの考え方にもビジネススクールと軍隊とでは違いがありました。ビジネススクールではExtravert(外向的)、Introvert(内向的)なリーダーシップともに評価されますが、軍隊ではExtravertなリーダーシップしか評価されません。ビジネスでは時間をかけて議論することも多いですが、戦場では一刻を争う場面が多く瞬時の判断が求められるからだと思います。

二日目昼~午後
レクチャー後は基地内の訓練施設で様々な訓練を体験しますが、軍隊用なのでどれも肉体的にハードなものが多いです。主なものは、

  • 4人一組での課題解決:3mぐらいの壁によじ登って幅10cmぐらいの足場に下りる 等
  • アスレチック:ロープのネットに飛び移る、1本のロープを渡る 等
  • コンバットコース:ベトナム戦争の戦場に似せて作ったコースを、4人一組進みます。途中、ロープが張ってある谷を渡ったり、泥沼の中をほふく前進したり、壁を乗り越えたり、、、と結構ハードです。

IMG_3533この中で、特に4人一組での課題解決が印象に残っています。Whartonでも入学後通常の授業が始まる前にラーニングチームで様々なアクティビティを通してチームワークを学びますが、それとの違いは「失敗の恐怖」があることです。例えば、池の上に杭が複数打ってあるコースがあり、対岸の負傷者を助けるというミッション。杭の上に板を渡して対岸まで渡るのですが、失敗したら池に落ちます。(杭の位置も結構高いです。。)私のチームは板を支えるサポート役と板を渡る役に分かれたのですが、恐怖を乗り越えて板の上に乗れるまでに時間がかかりました。これらのアクティビティから、プランできても失敗の恐怖から実行に移せないことがある、サポート役を信頼できるかどうかがプラン実行の大きな鍵となることを学びました。

今回のプログラムを通して、軍隊という今まで接したことのなかった世界でリーダーシップ教育を受けることができ、大変貴重な機会でした。Quantico Military Simulationやその他のLeadership Ventureに関しては以下のリンクをご覧ください。
http://wlp.wharton.upenn.edu/mba-leadership-ventures/