「課外: クラブ活動」カテゴリーアーカイブ

一斉更新!CLASS OF 2022 日本人学生ブログ2:Whartonの特徴

 Class of 2022のSMです。今回はMBA生活が8ヵ月経過した中で、自身が感じたWhartonの特徴を大きく2つに分けてまとめてみました。(MBA受験生の皆さんの場合は、どの学校に受験・入学するか、非常に悩むと思いますので、そういった観点でも少しでも参考になれば大変幸いです。)

1.自分がチャレンジしてみたいことに対する機会がとても豊富

 皆さんのMBA留学をする目的は何でしょうか?

 個々人で様々な理由があると思いますが、多くのMBA生が「自分の人生で本当にやりたいことを探して、実際に体験して、本当に自分がやりたいことなのか確認したい」という考えを、MBA留学の理由の一つとして持っているのではないかと思います。

 Whartonは、学校の規模が非常に大きいため、色々なことに挑戦する機会が、授業・クラブ・各種プログラム等の多様な形で用意されております。そのため、自分の本当にやりたいことを探求・経験・確認する上で、その機会が抜け漏れする可能性が低いことは、Whartonの強みの1つだと思います。また、自身がやりたいことに対して、たくさんの参加形式が用意されているので、その中から自身のニーズに最も合致したものを選択することができるのは、Whartonならではと考えます。今回は、私がこれまで体験した3つの機会とその選択肢の豊富さについて、ご紹介したいと思います。(3つ全てとも、この1~5月のSpring Semesterに経験中ですので、複数のことを自分がやりたいタイミングでかつ短期間で挑戦できることも、Whartonのフレキシリビティさを表しているかもしれません。)

(1)実際の企業へのコンサルティングプロジェクト

 Whartonでは色々な形で、実企業へのコンサルティングプロジェクトが用意されています。例えば、スタートアップ向けにかなり本格的なコンサルティングサービスを提供する

SNIDER CENTER VENTURE CONSULTING”というプログラムがあります。他にも、クラブや授業等で色々な機会が用意されているので、個々の生徒のニーズにあったコンサルティングプロジェクトを経験できることができます。

 私の場合は、“Collaborative Innovation Program(MGMT892)”という授業の形で、コンサルティングプロジェクトに参加しております。この授業では、7つのプロジェクト候補があり、私はその中からヘルスケア企業の新規事業創出案件を選びました。私は、大企業からの社費派遣で、帰国後は新規事業開発業務をキャリアパスとして考えているので、数あるコンサルプロジェクトの中でも、本プログラムが自身のニーズに合っていると考えました。

(2)ソーシャルインパクト

 上記では、新規事業開発業務に興味を抱いていることに触れましたが、私は他にも社会貢献性が高い業務をやった時に自分がどう感じるのかということも、MBA留学を通して確認したいと思っております。

 Whartonではソーシャルインパクト系の授業やプログラム等がたくさんあり、また、クラブ活動も盛んに行われております。ソーシャルインパクト系のクラブだけでも、Social Impact Club、Global Impact Consultants、One for the World、Impact Investing Partners等多数あり、個々人のニーズに合わせたクラブに所属することができます。

 私は、「ソーシャルインパクト×実企業へのコンサルティングプロジェクト」という軸で、Global Impact Consultantsクラブに所属しております。そこでは現在、ケニアの衛生環境向上に従事している企業のプロジェクトをお手伝いしております。ソーシャルインパクトの経験に加え、ケニアの現地従業員の方と一緒にプロジェクトを進めるグローバルな体験ができております。

(3)起業/スタートアップ

 Whartonはファイナンススクールと思われがちですが、クラスメイトは驚くほどに起業/スタートアップへの関心が高いです。(感覚的ですが、少なくとも100人超が起業を真剣に検討しており、在学中にビジネスを始める学生もたくさんいます。)そのため、Entrepreneurship系のプログラムもかなり充実しております。“Semester in San Francisco”等はその代表的な例ではないかと思います。

 私の場合は、具体的な起業のアイディアを持っていたわけではないので、「まずはスタートアップで働くとはどんなものか、自分はそういった環境が好きなのだろうか」ということを確認したいと思っていました。そこで、Venture Initiation Program – Fellowsという、Whartonの現生徒が起業したスタートアップを手伝うプログラムに参加しました。また、Wharton内でのコミュニティを増やしたいと思ったのもこのプログラムを選択した理由です。本プログラム内では、多数の起業家が事業を手伝ってくれる人を募集しているので自分の好きなスタートアップに参画することができます。スタートアップのステージは、本当に事業を立ち上げたばかりでアイディアを模索するところから、もうすぐ新商品をローンチするところまで、本当に様々です。

 私は、数ある募集要項の中から、Whartonの2年生が昨年起業した「コンシューマー系×初の商品ローンチ間近」のスタートアップに参加することに決めました。来月には販売開始する予定なので、初月の売上がどれくらいになるのか今からワクワクしております。また、Whartonのクラスメイトにも販売する予定なので、どんなフィードバックが返ってくるかも、楽しみです。

2.世界トップクラスの頭脳+フレンドリーなクラスメイト

(1)自分の悩みに具体的なアドバイスをくれるCollaborativeなクラスメイト

 アメリカのMBAスクールは、どこかCompetitiveなイメージがあるのではないかと思います。私も入学前はそう思っていた1人でしたが、これは全く間違っていました。困っているクラスメイトがいたら、みんなびっくりするくらい積極的に救いの手を差し伸べてくれようとします。また、Whartonの切れ者な同級生がくれる具体的なアドバイスは、自身の行動・価値観に変化を与えてくれます。(どのような環境で学ぶかは非常に大事だと思うので、世界トップクラスのクラスメイトと同じ時間を過ごせることは、Whartonに入学する大きなメリットだと思います。)

 私は、現在Peer Coachingという、自身の悩みを話し、コーチングのプロと同級生からフィードバックをもらうというプログラムに参加しています。この類のプログラムは、ボヤっとしたディスカッションに終わるのではないかと危惧していましたが、クラスメイトは他者の悩みに真剣に耳を傾け、自分だったらこうするという具体的なアドバイスをくれるため、非常に役に立っております。

 私の場合は、「英語でのディスカッションに中々ついていけないし、迷惑をかけたくないので、つい質問や発言するのも躊躇してしまう」という話をしました。ある同級生からは、「グループで事前にルールを決め、例えば15分毎に誰かにディスカッションのサマリーをしてもらってはどうか」と具体的なアドバイスをもらいました。この発想は、自分では気づいていない視点だったので、早速直後のディスカッションの授業でチームメンバーにお願いしてみました。また、他の同級生からは、「英語が上手くなくても一生懸命コミュニケーションを取る姿は、迷惑だとかネガティブなものではない。二言語話せるのは凄いことだし、そういう姿を見たら尊敬する。全く躊躇する必要はない。みんなあなたの意見を聞きたいと思っている。」と言ってもらい、勇気づけられました。自分の弱さを見せられる環境があり、それに対して世界トップクラスの同級生から思いやりのある具体的な意見をもらえるのは、非常に素晴らしい環境であると感じています。

 こういったプログラム以外でも、日常的に友人に悩みを相談すると、必ず何か解決策が返ってきます。ある時、Writingに自信がないという話をしたら、ある友人は、私の原文を添削してくれた上で、直した方が良いところを3点サマリーにしてくれた別紙をくれました。他の場面でも、英語が分からないと言えば、そういう時はいつでも議論を止めて質問してくれと、温かく言ってくれます。

(2)友人との関係を大事にするフレンドリーなクラスメイト

 Whartonは、アメリカのトップスクールの中でも、特にクラスメイトとのネットワークを大事にする文化があります。このコロナの環境下でも、気を付けながら多くの学生が積極的にソーシャル活動を行っております。

 例えば、生徒が自主的に立ち上げたCoffee Chatというシステムがあります。これは、毎週2回ランダムにペアを作ってコーヒーを飲みにいこうというもので、新たな友人を作るのに非常に役に立っています。また、まだ全然仲良くなっていないのに、旅行がしたいと言えば、すぐ旅行に誘ってくれます。旅行先でも、アメリカ国内旅行に慣れていない私に対して、みんな親切に色々と教えてくれます。クラスメイトは、本当に友人関係を大事にしているということを日々感じます。Whartonの卒業後のアラムナイネットワークが強固だと言われるのも、この文化が根付いているからかもしれません。

 今回は、挑戦の機会が豊富、世界トップクラスかつフレンドリーな同級生という観点でまとめてみましたが、まだまだWhartonの色々な特徴があると思いますので、駄文で恐縮ですが、今後もまた気付いたことをこちらに記載していきたいと思います。(もし、疑問点や悩み相談がございましたら、本サイトよりお気軽にお問い合わせください。Collaborativeなクラスメイトを見習い、何かお役に立てれば幸いだと思っております!)

WhartonにおけるStock Pitch経験

Wharton1年目のTMです。私のバックグラウンドは総合商社で2年間財務部で資金調達や、為替・デリバティブ商品を含む金融商品のトレーディングをしたのち、5年間国内外の不動産投資、不動産運用会社への出資、投資先管理、撤退等を担当してきました。

Whartonでは、「自らをuncomfortableなスペースに追いやる」をテーマに経験してこなかったものに対して自分を追い込もうとしております。その一環で、117日の週にUniversity of Virginia Dardenに赴き、University of Virginia Investment Committee主催のStock Pitch Competitionに参加してましたので、その体験を記載させて頂きます。

 

そもそもどうやって出場したの?

プロセスとしては、Wharton内でのStock Pitchコンペにチームを組み(3人)、出場したのち、順位が高い順に、各大学で開催されるStock Pitchコンペの場所を選ぶことになっていました。私たちのチームは、ほかの2人の力もあり、(私はほぼ無力)13チーム中4-7位のポジションだったため、UVIC含む他大学のコンペの順位をつけ、無事希望通りのUVICのコンペに出場してきました。(ほかにはColumbia, Kellogg, Cornell等ありました)残りの二人のメンバーがVirginiaからの帰り道にDCに寄りたいという理由だけだったので、特段順位づけに深い意味はありませんでした。笑

 

そもそもコンペティションって?

Recruiting関連のClubに属すると、このようなCompetitionが定期的に開催され、Job Switcherがチャレンジしやすい(レジュメにも書ける)環境を提供してくれています。具体的には、WhartonではPE/VC ClubDistressed investment ClubReal Estate Club、そしてInvestment Management Clubが開催しています。

 

どんなメンバー?

今回は、前回のWharton内のStock Pitchと同じメンバーでした。具体的には、二人ともアメリカ人で一人はシアトルのIM、もう一人はニューヨークのPE出身というメンバー。Wharton内のピッチ締め切り数時間前に主催者側やってみたいという意思を伝え、ランダムに選んでもらったメンバーでのチーム編成でした。ランダムながらも素晴らしいメンバーでした。ただし、最後に行きつくまでには相当な苦労を伴い、胃が痛くなる日も結構頻発しました。。

 

苦労した点は?@Virginia Pitch

  • スケジュール調整が困難
  • 優先度のばらつき
  • 第二言語で人を説得することの難しさ

 

何を当たり前のことを、とおっしゃるかもしれませんがMBA学生にとって、スケジュール調整は果てしなく困難なパートです。個人的には、実際のコンペ前に何度かあつまりたかったのですが、インターン採用活動、授業の合間を縫って結局会えたのは2回でした(2週間で)。2点目でも挙げていますが、人によってこのCompetitionに対する優先度が全く異なるので、初回のミーティングでもMGMT610 (Wharton 1年生で最初に学ぶLeadershipやTeamworkの集中講義)で学んだ、Brain Stormingを各自で行ってから集合し議論するBrain Writingという理論を応用してみたかったのですが、かなわず。当日集まって、一斉にリサーチを始めるといった流れになってしまい、時間も労力も効率よくできなかったところは反省です。MBAという上下関係のない完全にフラットな組織において、プロジェクトを推進することの難しさを感じた次第です。

また、実際のコンペでは10分プレゼンののち、15分質問タイムという構成でした。自らがアサインされたところはプレゼン内で説明できても、後半の質問タイムでは質問の意図を組み、それに対して、自分のポジションを崩さないように返答するという点において全く貢献できず、自らの英語・理解力のなさに愕然とし、気持ちあらたに迎えた次第です。

 

結果

実際のプレゼンは、初戦敗退しFinalistにはなれませんでしたが、英語でプロに説明をする機会、アメリカ人とのチームワーク経験、投資に対する考え方、など学びも多く、非常に良い経験ができたので引き続き前向きに進んでいこうと思っています。

また、Virginiaの旅のなかで各個人の家族の話、信仰宗教や、キャリア感などを共有し、自分とは他業界の人の話をフリーに何の気負いもなく聞けるという、MBAならではの素晴らしい環境に改めて感謝した次第です。

家族と過ごす学生生活

家族持ちの1年生です。

妻と二人の娘(3歳、0歳)とフィラデルフィアに移住して2ヶ月が経ちました。1Qの試験が終わり、生活のリズムができてきたところで、私の生活を簡単に紹介させていただきます。ご家族を連れてのMBAをご検討している方に少しでも参考になれば幸いです。

 

平日スケジュール(月~木)

5時~5時半          起床。予習やレポートに集中して取り組む

7時~8時               朝食、長女の着替え等

8時                            長女を近くのDay Careに送る

9時                            学校到着。朝の授業1コマ目

10時半~12時   朝の授業2コマ目

12時~13時半   参加しているClubのセッションに参加

13時半~15時   午後の授業

15時~17時半   復習、レポート作成、グループミーティング等

18時                         Day Careに長女のお迎え

18時~20時半   娘2人の風呂、夕食、寝かしつけ

21時~23時        復習、レポート作成、クラブ活動等

23時                        就寝

 

週末(金~日)の過ごし方

金曜は授業がないとはいえ、グループ課題が課されている授業が多いので、グループミーティングを開催することが多いです。時には妻の歯医者と私のミーティング時間が重なってしまい、次女を抱っこ紐に入れたままグループミーティングに参加することもあります。

土日は家族で動物園や水族館に出掛けたり、郊外にピクニックに行ったりします。勉強時間確保の為、起床は遅くとも6時です。娘たちの昼寝の時間に昼の勉強時間を確保し、夜も少なくとも2時間は勉強します。

 

1Qは特にグループワークが多かったので、自分でどうしても時間がコントロールできない局面があり、大変な思いもしました。予習、復習、小テスト準備、個人課題、グループ課題等の学習の負担は相応で、授業の時間以外で一日平均最低6時間程度は勉強/作業しないと間に合わないという感覚でした(勿論取っている授業数、負担レベルにも拠ります。私の場合は重めのスケジュールだったと思います)。

 

Whartonのリソース

今のところWhartonはKids Friendlyな学校という印象を抱いております。仲の良い友人は、国籍関係なく娘たちの面倒を見てくれます。毎週木曜夕方に開催されるPub(立ち飲みの会)の会場はとても広く子どもが遊び回れるようになっているので、家族と友人で話すのに最適です。

また、Wharton Kids Clubという、子どもがいる生徒だけが入れるClubがあり、りんご狩りやハロウィーンイベント等を開催してくれるのでとてもいい交流の場になっています。長女はいつもKids Clubのイベントを楽しみにしています。こういったイベントに15家族程度はコンスタントに参加しているので、すぐに友人ができます。

 

フィラデルフィアの日本人ネットワーク

UPenn関連の方が多く住んでいる印象です。Wharton、LLM、Medicalで学ぶ日本人が多くいます。私が知っている限りで、お子さんも含めて家族で住んでいるUPenn関係の日本人は10家族弱います。他にも、現地に駐在されている方もいらっしゃいます。

殆どの家族がCenter Cityという、市の中心部(キャンパスからは徒歩25分程度の距離)に住んでいて、すぐにお互いの家を行き来できます。子ども同士遊ばせたり一緒に出掛けたりと、非常に親密な関係を築けていると思います。

 

小児科

私が知る限り日本人の小児科の先生はいませんが、米人で丁寧に診てくれる小児科医が徒歩10分程度の距離にあるので、安心して毎日を過ごすことができます。

 

学校

Center Cityには学校(Preschool / Day Care)がいくつもあり、子どもを預ける場所には困りません。一方でコストは相応にかかりますので、コストとの相談かと思います。週5で通うのであれば、月1,800ドル程度は最低でもかかると思います。

 

買い物

生活に欠かせない食料品を買うスーパーとして全米で人気なのがTrader Joe’sです。Center Cityの便利なところにあり、多くの学生が住んでいる場所から徒歩10分程度の距離にあります。

日本食スーパーは郊外にしかなく、電車で20分程度かかるのですが、China Townにあるスーパーで大抵の日本食は調味料含め手に入ります。しかも、NYの日本食スーパーに比べれば格安で入手できます。

 

まとめ

ということで、日本人家族4人でフィラデルフィアで生活していますが、学業面・生活面で大きく不自由していることはないです。私個人としては、キャンパスが徒歩圏内にあり何かあればすぐに家に帰ることができる点がとても気に入っております。

ご家族での生活を検討されている方は、何なりとお問い合わせください