「課外: クラブ活動」カテゴリーアーカイブ

Whartonのクラブ活動(Community Consultant)

みなさんこんにちは。WG18のMSHです。

今日は、皆さんに、Whartonのclubの一つ、Community Consultantについてご紹介したいと思います。

Wharton Community Consultantとは、Philadelphia近辺の顧客(基本は慈善団体)に対して、ボランティアでコンサルティングサービスを提供するクラブです。秋学期の始まりに、いくつかのプロジェクトから、自分の興味のあるものにアプライし、5-6人のチームを組んで約半年間取り組みます。

私は、Castleman Disease Collaborative Network (CDCN)という機関のコンサルティングプロジェクトに参加しました。

Castleman Disease Collaborative Networkとは、キャッスルマン病という免疫システムの難病の治療の研究に取り組む機関で、患者のサポートなども行っています。この機関の設立者である、医師のDavid Fajgenbaumは、ペンシルバニア大学の医学部の卒業生かつWhartonの卒業生でもあるわけですが、実は彼自身、キャッスルマン病に罹患しており、キャッスルマン病の医師・研究者であると同時に患者でもあるということになります。

さて、CDCNの課題は、1)どうやって研究資金を集めるか、2)どうやって研究のための検体を集めるか、でした。研究資金不足については、皆さんも容易に想像がつくと思いますが、難病であるがゆえの知名度の低さが、寄付からくる資金不足に拍車をかけていました。また、キャッスルマン病は、患者数も多いわけではなく、研究に十分な患者さんの検体細胞が集まらない、という問題も抱えていました。

この課題に取り組む私たちのチームは、コンサル出身のリーダー率いる5人チームで、そのほか、Whartonのヘルスケアマネジメント専攻の医療ビジネス出身の女性、ペンシルバニア大学の医学系のSchoolに通う男性(他学部でも参加できます)、DavidのYoutube動画を前に見たことがあり感銘を受けていたというReal estate業界出身のWhartonの女性、医療の研究開発促進に興味のあったパブリックセクター出身の私、という構成でした。皆、このCDCNの取り組みに真剣に興味を持っており、また、命に係わるプロジェクトでもあるため、結論の出し方について議論が対立し白熱することもありました。

進め方としては、コンサル出身のリーダーに、色々なコンサルティングの手法を懇切丁寧に教わりながら、どうやってクライアントに質問をしていくか、どのような調査の仕方がよいか、検討していきました。彼女自身からコンサルティングについて学ぶことも非常に多かったです。(ので、Community Consultantに参加するのにコンサルティングの前歴はもちろん不要です!)

そして、キャッスルマン病の症状含め、病気自体のこと、そして、CDCNの検体寄付のプロセスを精査することで、何がネックになっていて問題が解決しないのかが見えてくるようになり、関係する各ステークホルダーの目線をきちんと理解することがいかに重要か、痛感させられました。

 

Whartonには、授業以外でも、実践等を通して学びを得る機会がたくさんあります。そして、これは私の個人的な所感ですが、友達に自分の知っているフィールドについて喜んで教えてあげようとする、サポーティブな人が多いように感じています。Community Consultantの経験もまさにそうでした。

Whartonには自分の力を試すリソースはいくらでもありますので、ぜひ、トライしていただければと思います。

また、この記事を通じて、キャッスルマン病、そしてCDCNの取り組みについて、さらには他の難病についても、認知度が上がっていくことを願っています。

Wharton在校生による女性のためのオンライン説明会(12/09)レポート

皆さん

こんにちは。

12/9(土)に、女性向けのWharton説明会をwebinarの形で開催させていただきました。

10名弱の方々にご参加いただき、Wharton卒業生/在学中の女性たち(今回は四名が参加)が、
  • なぜMBAを志そうと思ったのか、
  • なぜWhartonにフィットがあると思ったのか、
  • Whartonのリソースを使ってどんなMBA生活を送っているか、
  • MBA後のキャリア

などについてお話しさせていただきました。

今回は、女性特有の話に特化して話をしたわけではありませんが、他国に比べて、日本から海外のMBAに進学する女性がまだ少ない中、MBAにはこんな女性がいて、こんなことを考えているのか、と知る機会になったのなら嬉しく思います。

Whartonには、WWIB(Wharton Women in Business)という女性のEmpowermentに取り組むクラブがあり、多くのゲストスピーカーイベントや議論の場を提供してくれています。

私自身、Whartonに来て、日本で感じていた女性としてのアイデンティティを、見直す機会になりました。アメリカはじめ他国でも、女性がどう生きるかは大きな注目を浴びており、国籍を超えてよく話題になります。しかし、肩肘張らずに夢を追い求め、ジェンダー問題含め、いかなる課題にも、直すべきと思えば建設的に意見を言い、一方で素直に冷静にフィードバックを受け止める、そんな等身大でのびのびとした女性たちに多く触れ、自分は女性であることに過度にとらわれすぎていなかったか、自分を自分で勝手に小さく縛り付けていなかったか、そんなことを感じさせられています。

そして、そんな女性たちが感じる思いや実態に興味を持とうとし、真剣に改善策やフィードバックを考えようとする男性たちも多くいます。

Whartonには、”Wharton 22s”という、男性中心に組織された、Gender equalityを目指すクラブがあります。WWIBと22sの共同開催のとあるパネルディスカッションでは、観客のおよそ半分が男性でした。男性からも質問が多く出ており、こういう時女性社員に対してどうしたら良いかわからなかったのだけど、best solutionは何だと感じている?、と素直な疑問をぶつける学生も多くいました。そして、女性の立場からも、男性がどう感じているか、気づきが得られたイベントだと感じました。学生同士、立場の違うお互いの人生に興味を持ち理解しようとする。Whartonで温かみを感じた瞬間の1つです。

また、女性関連の取り組みに関して言えば、子どものいる学生向けのグループもありますし、実際、子育てしながらWhartonに通う学生も少なくありません。私のクラスメイトにも、入学後に出産し、子育てしながら授業と両立をしている女性がいます。

もし、海外MBAという選択肢に足を踏み込めずに足踏みされている方がいたら、私たちが現在たくさんの知識やスキル、価値観を吸収し、生き生き過ごしていることが伝わっていればと思います。

さて、在学中は日本に帰国する機会があまりないWharton MBA生ですが、タイムリーに新鮮な情報をお届けできたのは、webinarならではだったかもしれません。

今後も、受験生の方々の役に立つようなイベントの開催を企画していきたいと思いますので、引き続き当ブログをチェックいただければと思います。

WHARTON JAPAN TREK 2016!

WG2017のUIです。今日は、春休みの期間を使って実施したWharton Japan Trekについて記そうと思います。

JT集合写真

Wharton Japan Trekとは

Wharton Japan Trekは、Whartonにおける学生主催のトレックの中でも最も人気の高いトレックの一つとして知られています。実際、120人のスポットをオープンするや否や、ものの2分程度で全てのスポットが埋まってしまいました。また、入学前に日本人卒業生から「トレックが2年間で最も印象に残っているイベント」という声を聞いていましたし、入学直後にもかかわらず周りの友人から「ジャパントレック楽しみにしている!」などの期待(プレッシャー!)も寄せられていました。運営は日本人1年生が行うことが伝統となっており、入学後早々に2年生から引き継ぎを受け、半年近くかけて、訪問地・予算・旅程など、ジャパンクオリティを見せるべく詳細に入念に準備をしました。時期は昨年同様、春休みの期間を利用して、1週間弱、京都・広島・東京の順に、112名プラス日本人オーガナイザー6名の118名で日本を縦断しました。

旅程

3月6日。いよいよジャパントレックのスタート。飛行機は各自で予約することとし、京都のホテルに夕方集合。チェックインをサポートするため、オーガナイザーでチェックインテーブルを設置して、部屋の鍵やプログラムガイド、swag(記念品。Tシャツやバッグをデザインから企画)を手交しました。この日の行程はウェルカムドリンクのみ。梅酒や日本酒を片手に、早くも友好を深める参加者たち。一部は興奮を抑えきれず、そのまま近くのクラブに移動、遅くまで京都の夜をエンジョイしました。

3月7日。待ちに待った京都観光。午前中は、清水寺と金閣寺を全員で回り、午後は希望に応じて3つのグループに分け、お寺や神社巡りを楽しみました。ガイドさんの話に真剣に耳を傾ける学生、道行く日本人に話しかけて友達を作っている学生など楽しみ方はそれぞれでしたが、総じて、古都・京都の誇る文化や伝統を深く堪能していた様子でした。

3月8日。この日は、①奈良・伏見稲荷、②トヨタ本社の工場ツアー、③金沢、の3グループに分けて行動、自分はトヨタの引率をしました。必修のオペレーションの授業でトヨタ生産方式について学んでいたこともあり、特に関心のある20名程度が参加。本社到着後は、職員が英語で、カンバンや自働化などの仕組みについて工場を回りながら説明をしてくれました。殆どautomateされている過程のうちどこが人間の関与が必要か、などについて興味深い説明を聞くことができました。工場のいたるところにトヨタの哲学である「よい品よい考」というスローガンが掲げられているのも印象的でした。また、トヨタ記念館では、燃料電池車の模型やロボットによるバイオリン演奏など、最先端のテクノロジーに接することができました。

3月9日。朝一で広島に移動し、宮島の厳島神社や原爆記念館を訪問しました。特に原爆記念館を時間をかけて熱心に回る参加者の姿が印象に残っています。多くのアメリカ人の友人と、冷静かつ真摯に、過去の歴史について議論できたことは、とても貴重な経験になりました。夜はホテルの宴会場で大宴会。ぎこちなく、でも嬉しそうに浴衣を着た参加者たちが会場に姿を現す。宴会もジャパンクォリティの見せ所!シャンパンタワーならぬ日本酒タワーに日本酒を注ぎ、乾杯の音頭。1か月以上かけて準備してきた宴会芸をオーガナイザーで披露。予期せぬアンコールでは参加者全員がステージに立つ盛り上がり。その後も利き酒大会や二人羽織など立て続けにイベントを行い、大盛り上がりのまま宴会は無事終了。ジャパントレックも折り返し地点を過ぎ、嬉しさと寂しさの混ざった複雑な気分を抱えながら眠りにつきました。

3月10日。朝一の新幹線で東京へ。この頃には参加者もだいぶ日本に慣れているだろうという想定の下、なるべくflexibleに日程を準備。渋谷・原宿、浅草、歌舞伎観覧、お台場、刀づくりなどいくつかのオプションを用意しました。夜は、焼肉や寿司しゃぶしゃぶなどオーガナイザーがSmall Group Dinnerをホスト、日本食のクォリティに一同感動の様子でした。多くの参加者はマグロ競りを見るために夜中3時に築地に集合。業者の数の多さ・面積の広さに驚愕する参加者も多かったです。また、4時間以上並んで人気店で食べたのち、「人生で食べた中で断トツ。お寿司の概念を変えられた」と興奮気味に伝えてくれた参加者もいました。

3月11日。いよいよ最終日。富士山ツアー、寿司づくり体験、芸者さんとのランチ、忍者体験など、この日もさまざまなオプションを用意。夜は六本木ヒルズでFarewell Partyを企画。思い出の写真をまとめたスライドショーを流し、写真コンペティションの表彰、最後は参加者からのサプライズギフトも頂き、大盛況のまま終宴。そのままクラブに全員で移動、名残を惜しみながら夜を踊り明かしました。

 

所感をいくつか

僕が参加者から聞いた日本の印象のうち、代表的なものは、①人がrespectful、②街が綺麗、③(コンビニエンスストアの浸透など)生活が便利、④公共交通機関やレストランなどのサービスの正確性(well-organized)、などでした。日本で育った自分にとってはどれも当たり前に感じられることですが、日本の魅力を再認識。これらは観光産業としての魅力としてのみならず、日本企業が世界で勝負する上でのヒントにもなるのではないでしょうか。

ジャパントレックの企画段階で大きなテーマだったのは、参加人数でした。多くの人に参加してもらいたい一方、参加者が多くなればなるほど各人に配慮を行き届かせることが難しくなるからです。議論の結果、やはりなるべく多くの人に参加してもらうことを優先し、昨年と同程度の120人という人数を目安に企画しました。今振り返ってみても、この選択は間違っていなかったと思います。アメリカに来てから強く感じる日本のプレゼンスの低下、これは米国MBAにおける日本人のrepresentativeness低下とも相関しています(我々の代では日本人の割合は1%以下まで低下)。日本という国をよく理解してもらうためには、日本に実際に来ることが最も有効だということを、今回トレックを実施することで痛感できました。準備で眠れぬ日々が続くなど辛いこともありましたが、ぜひとも来年以降も実施してほしいなと思います。

また、私見ながら改善点としては、会社や政府要人への訪問などを行程に含めてもよかったかなと思います。ウォートン卒業生には日本のビジネス界でご活躍されている方が多くいらっしゃいますので、こうした方々から日本経済やビジネスの現場についてお話を伺うことも一案だったかなと思います。

後日談ですが、先日、オーガナイザー6人で、反省会兼打ち上げを行いました。参加者の多くが提出してくれた率直なサーベイを基に、いかに来年のジャパントレックをより良いものにできるか、真摯に議論しました。また、それぞれのリーダーシップスタイルについてもフィードバックを行ったのですが、これもとても勉強になりました。来年入ってくる日本人の学生にしっかりと引き継いで、ウォートンの良き伝統をしっかりと継承していきたいと思います。