Cultural things in Philadelphia

こんにちは。Wharton1年生のMSHです。
今日は、フィラデルフィアでの生活(余暇)について、ご紹介したいと思います。
皆さんは、Philadelphia Orchestraをご存知でしょうか?
アメリカの五大楽団のうちの一つであり、非常に有名なオーケストラです。
私はクラシックが好きなので、夏に渡米してから、何度もコンサートを聴きに行っているのですが、お蔭様で週末をとてもenjoyしています。
まず、夏は、近くの大きい公園で野外コンサートがありました。曲目は「火の鳥」で、バレエとの融合のパフォーマンスでした。舞台装置にもサプライズがあり、最後は大きい火の鳥が現れるという大演出・・・!
芝生の上から、存分に音楽と雰囲気を楽しみました。
9月になると、本格的にオーケストラのシーズンが始まります。シーズン第一回目のコンサートは、なんと学生向けの無料コンサート。前から三列目という最強の席で交響曲などを楽しみました。
その後も毎週木・金・土、週ごとに異なる曲目を披露してくれます。今年は五嶋みどりさんとのコラボレーションの回もありました。毎度大変楽しませてもらっています。
Philadelphia Orchestraはとにかく音が澄んでいてとても美しく、聴きごたえがあります。音にも魅了されますが、凄いと思わされるのはそれだけではなく、本当にパフォーマンスをしている、ということ。曲に合わせて、楽団員たちが動き始めたことも(走って誰かを追いかけたり(チェロ奏者までも・・)、挑発するように隣の奏者に近寄ったり、、)。何かを表現する、パフォーマンスをするってこういうことなのかもしれないな、と驚いた瞬間でした。
そして、驚かされるのは、学生ならば、$25ドルの会員になれば、1年間コンサートに無料で行くことができることです。Whartonの中にも、クラシック好きな人たちの集まりがあり、今週末行く人いたら一緒に行きませんか?と毎週声がかかっています。
そして、何よりも、コンサートホールが、私たちの住んでいる場所から非常に近いのです。Wharton生は、たいてい、Center cityというdowntown areaに住んでいますが、ホールも同じくcenter cityの中心にあり、私の家から歩いて10分もしない距離にあります。しかも、街中を歩いていくので、体感は5分?(人によっては目の前に住んでいる人もいるかもしれません、、!!)。気軽に行けてしまうという特典つきです。
 また、楽しみはオーケストラだけではありません。オーケストラホールの横には別の舞台ホールもあり、バレエやオペラも楽しめます。こちらも、cultural thingsに興味のあるWharton生で一緒に観にいったりしています。
何かイベントがあれば、Wharton内で声がかかる、そんなカルチャーがあるので、まだ知り合っていないWharton生ともつながることができるいい機会にもなっています。あと一年半、思う存分、Philadelphaの余暇”も”楽しみたいと思います。