「課外: クラブ活動」カテゴリーアーカイブ

Wharton Social Impact Conference 2010

はじめまして、2年生のYHです。

今日は僕がMBAにおける活動の軸に据えている2つの領域(LeadershipとSocial Impact)のうちSocial Impactについてお話をさせて頂きたいと思います。Whartonは受験生の方の間ではファイナンス・スクールのイメージが強いためSocial Impactに力を入れているというイメージはあまりないのではないかと思います(僕も受験時はそう思っていました)。但し入学をして色々な活動に関わっていくと現実はイメージとは大きくかけ離れており、WhartonのSocial Impactにおけるリソースやノウハウ、生徒の関心はどのトップ校にも引けを取らないということが分かってきました。何よりもSocial ImpactはInnovationとGlobal Presenceに並んでWhartonの学長が掲げるWhartonの戦略の柱の1つとして位置づけられています。学内のClubであるWharton Social Impact Clubには約300名の学生が参加しており、様々なテーマに沿ったワークショップ、受験生の方を招いた学校内でのイベント、キャリアサポート等、幅広く活動しています。授業面では社会起業、マイクロファイナンス、環境、CSR、Social Impact Marketing等、数多くのテーマを対象にした授業が提供されております。

今回はそんな中、私がCo-Chairとして企画・運営をリードしたWharton Social Impact Conference 2010(略してWSIC 2010)をご紹介させて頂きたいと思います。WSIC 2010はWhartonのMBA生と学部生が共同で企画・運営を行った学内でも最大規模のカンファレンスで今年は約450人程度の参加者が11月12日(金)にWhartonのキャンパスであるJohn M. Huntsman Hallに集まって下さいました。今年のカンファレンスは「Building and Scaling Solutions for Change」ということで如何にビジネスを社会貢献に融合していくべきか、またそのような事業モデルを拡大していくか、と言ったテーマで課題や解決策について参加者が議論できる舞台を用意いたしました。当日は2名のKeynote Speaker、約40名のパネリストの方々にご協力頂くことで幅広いテーマについて活発な意見交換が参加者の間で行われ、時には新たなNPO設立についての会話等も行われていました。またこれらのイベントに加えてネットワーキングのためのレセプション、リクルーターとのコーヒーチャット等も主催され、朝から晩まで盛り沢山の1日となりました。以下は当日のイベントについての簡単概要です。

Keynote Speaker #1: Bart Houlahan, Co-Founder, B Labhttp://www.bcorporation.net/

B Lab is a non-profit organization that certifies “B Corporation” businesses according to their social and environmental performances, in order to help investors distinguish good companies from good marketing. B Lab also promotes public policies that support sustainable business.

Keynote Speaker #2: Mari Kuraishi, Co-Founder and President, GlobalGiving Foundationhttp://www.globalgiving.org/

GlobalGiving is a non-profit online marketplace that vets and connects donors to more than 1,000 grassroots charity projects around the world. In September 2007, former U.S. President Bill Clinton endorsed GlobalGiving in his book Giving. Since 2002, approximately 122,000 donors have given $33 million to 3,200 projects.

Panel Discussions:

1. Measuring Social Impact
2. Social Finance & Impact Investing
3. Sustainability and Corporate Social Responsibility: Is ESG the new CSR?
4. How to Succeed as a Social Entrepreneur
5. What’s Next for Microfinance?
6. SMEs: The New Face of International Development
7. Education Reform: Innovations to Narrow the Achievement Gap
8. The Role of Social Media and Technology in Social Impact
9. Food Access in America: Systemic Obstacles
10. Wharton’s Own Entrepreneurs

個人的には今回のカンファレンスは自らSocial Impactに関する知識やネットワークを広げる貴重な機会(日本人として世界を舞台に活躍されているMari Kuraishiさんとお会いできたのは本当に嬉しかったです)になっただけではく、大規模なイベントの企画・運営をリードすることを通じた個人の成長という観点からも大きな学びがありました。今回の企画・運営には30名以上の学生が関わっており、その全員が社会を良い方向へ変えたいという高い志を持っていることに感動すると同時にパネルの運営、マーケティング戦略の立案、当日のロジ周りをそつなく高いクオリティーこなしており、本当に優秀な人たちに囲まれているのだと改めて実感しました。

ということでこれからMBA受験を考えていらっしゃる方、志望校の選定に迷われている方でWhartonのSocial Impact活動に疑問や物足りなさを感じている方がいらっしゃっるようでしたらぜひご一報下さい。本日ご紹介したカンファレンス以外にも様々な課外活動や授業があり、2年間を充実して過ごせるだけのリソースがあることは間違いないので今後も色々とご紹介させて頂きたいと思います。

Wharton生がアクセスできる豊富なPEVCリソース

2年生のYNです。

1st roundのinterview invitationや2nd roundのapplication 準備の追い込みの時期に差し掛かってきていると思いますので、今日は受験生の方に何か参考になればと思い、WhartonとPrivate Equity (“PE”), Venture Capital (“VC”) というテーマで投稿したいと思います。理由としては、新学期に入り日本から学校見学に来られる受験生の方が例年以上に増えている中で、実際にお会いした際にPEVC関連の質問を受けることが多いためです。

MBA取得後のcareerとしてPEVCを考えている人にとって、Whartonはbest business schoolの1つだと思っています。その一番の理由は、PEVC関連のresourceが非常に充実している点です。以下、授業、課外活動、同級生、卒業生、実際のcareer opportunityという5つの観点から、Wharton入学後にアクセスできるPEVC関連のresourceについてまとめたいと思います。

1. 授業

まずはMBAの授業の中でPEVC関連の授業はどのようなものがあるのかまとめたいと思います。250程度あるWharton MBAの選択科目の内、一番直接的にPEVCについてカバーしている授業として、以下のようなものがあります。

  • FNCE 750: Venture Capital and the Finance of Innovation

This course covers the finance of technological innovation, with a focus on the valuation tools useful in the venture capital industry. These tools include the “venture capital method,” comparables analysis, discounted cash flow analysis, Monte Carlo simulation, contingent-claims analysis, decision trees, and real options. The primary audience for this course is finance majors interested in careers in venture capital or in R&D-intensive companies in health care or information technology.

  • FNCE 751: Mergers, Acquisitions, and Buyouts

Mergers and friendly acquisitions, hostile takeovers and buyouts. Using case studies, the course surveys the drivers of success in the transactions. While issues regarding motive and strategy will be discussed, financial theory would be the main lens used to view these control acquiring transactions. The objective is twofold: (1) develop a concept and translate that idea into a proposal through deal design; and (2) analyze to form opinions about proposed deals. The course should be of interest to students interested in pursuing careers as private equity investors, advisors in investment banking and corporate managers that deal with these issues.

  • FNCE895: Advance Seminar: Private Equity

The course will be a survey of the private equity asset class.  Its objective is to provide an understanding of the concepts, agents, and institutions involved in the late stage corporate private equity market in the U.S. and around the globe.  It will examine the buyout market and the activities of buyout funds from the differing perspectives of private equity investors, private equity fund sponsors, and managers of the portfolio companies. The course topics will follow the private equity cycle by studying representative transactions in the U.S., Europe, and emerging markets: Private Equity Structure and Fundraising; Negotiation, Adequate Deal Structures; Investment Origination, Due Diligence, and Valuing of Private Equity interests; Value Creation and Management of Portfolio Companies and Investment Exit.

  • MGMT809: Private Equity in Emerging Markets

This course is designed to provide students with a practical understanding of private equity issues focusing on developing country environments. The underlying premise of the course is that private equity in these countries is a distinctly different asset class than in industrialized countries for a number of reasons that will be analyzed by students, such as valuation, corporate governance standards and practices, contract enforcement and regulations, and exit alternatives. Students will assess these differences that heighten both the risks and the opportunities for private equity investors compared to more developed countries. The course will be analytically rigorous and require a high level of weekly preparation and class participation. The case method of teaching will predominate, allowing students to gain a realistic understanding of the roles, responsibilities and analytical skills required of practitioners, and the tensions that arise between the various stakeholders, including government officials who formulate regulations and policies that effect PE investor behavior and performance. Cases will highlight the challenges and tasks performed at each stage of the investment cycle, such as structuring a new fund, originating investment opportunities, conducting due diligence, monitoring and creating value in portfolio companies, and exiting.

上記の授業以外にも、PEVCをキャリアとして考える上で有益な授業がWharton MBAには多数あり、取捨選択するのが大変なほどです。加えて、KKRの現役partnerがUPENNのlaw schoolで授業を受け持っていて、Whartonの学生も受講することが可能です。

2. 課外活動 (PEVC Club, PEVC Conference, PE/VC competition)

授業以外でもPEVC関連について勉強できる場面が多くあります。一番大きなresourceはPEVC Clubで、2学年合計で1,600人程度いるWharton MBAの学生の内、多い年では800人程度がclub memberになっている程巨大な組織で、Wharton MBAで100以上あるclubの中でも最大規模です。

同clubの主な活動としては、

  • Education – 例年新学期が始まってから、legal, financing, deal execution, modeling等のテーマについて、専門家を招きlectureを行ってもらっています
  • Career Trek – PEVCへの就職はnetworkingが命、ということで、毎年米国内外へのtrekが企画、開催されています。例えば昨年度では、米国内ではNYC, Boston, SF,  Chicago, Seattle、米国外ではLondon, India, Brazil, China,  Middle East等へのtrekが行われました。
  • Speaker – 米国内外の大手PEVCのpartnerによるpresentationの機会も非常に多いです。例えば先週だけでも、Apaxのpartner, GP investments (南米最大規模のPE)のpartnerのpresentationがありました。

PEVC clubに加えて、毎年行われているPEVC conferenceも有益なresourceの1つです。こちらも例年非常に充実しており、例えば過去3年間のkeynote speakerだけ挙げても、以下のように業界の有名人が実際にconferenceに来て下さっていることが分かります。

2010

  • John F. Megrue, Jr.   – CEO of Apax Partners U.S.
  • Dalip Pathak  – Head of Warburg Pincus Europe and India
  • Paul Holland  – General Partner of Foundation Capital

2009

  • Leon Black  – Founder of Apollo Management, L.P.
  • Philip Yea  – Chief Executive of 3i Group plc
  • Andrew Ross Sorkin – Chief Mergers and Acquisitions Reporter of The New York Times

2008

  • David Rubenstein  – Co-Founder of The Carlyle Group
  • Guy Hands  – Founder of Terra Firma Capital Partners
  • Dick Kramlich  – Co-Founder of New Enterprise Associates

更にはBuyout competition、VCIC competitionと言った、学生同士で組んだチームで、ある投資のケースに対しての提案をプレゼン形式で行い、クオリティを競うようなコンペがあります(学校をまたがってのevent)。これらは多数のb-schoolから参加があるため、Whartonの枠を超えて他校のPEVC communityともnetworkingできるような機会が存在します。また、コンペは実際の業務に近いプロセスを疑似体験することを目的としているので、個人としての学びも非常に大きいです。

3. 同級生

学校側が提供しているresourceに限らず、PEVC出身の同級生からも業界について学んだり、PEVC各社へのnetworkingをsupportしてもらえるのがWhartonの良い所です。Class of 2012 (現在の1年生)は817人中16%がPEVC出身者であり、単純に考えると同じクラスの6人に1人、絶対数では同学年の130人程度が同業界出身者という事実からも、同級生が大きなresourceであることが分かります。

4. Alumni Network

卒業生にも多くのPEVC  professionalsがいるのがWhartonの特長であり、前述のpresentationやconferenceの充実といった点については、卒業生まで含めたPEVC communityがしっかりしているからこそ毎年実現できていると考えています。Whartonには、Wharton Private Equity PartnersというPEVCに限ったalumni communityが存在し、卒業生間、卒業生-在校生間で密にcommunicationを行っています。ちなみに、Advisory Boardには、Blackstone, KKR, Carlyleといった大手PEや、KPCBといった大手VCのpartner/MDも名前を連ねています。以下がWharton Private Equity Partnersのwebsiteになりますので、ご参照下さい。http://www.wpen.org/

5. Career Opportunity

最後に、実際にPEVCに就職できるのかという観点から、career opportunityについて触れてみたいと思います。PEVCはconsulting、investment bankのように大々的にcareer event、recruitingを行うことはなく、主にはinvitation baseであったり、知り合い経由でnetworkingをしていく中でinterviewまでこぎつけるという形のprocessが一般的です。そのような中、Whartonのcareer management centerが毎年作成しているresume bookに自分のresumeを登録しておくとPEVCから直接連絡が来ることもままあり、また前述の通り友人や卒業生、trekやconferenceで知り合った人経由でinterviewを設定し、job offerをもらうケースが多々あります。加えて、Whartonでは大手のPEVCがon-campusでinfo sessionやinterviewを行うこともあります。例えば、先週もGlobalでTop 5に入るPEがcampus recruiting eventを開いていました。

尚、日本においても、日系/外資系のPEの多くにはWhartonの卒業生がいることから、在学中も卒業後もnetworkingがしやすい環境となっています。

以上、長くなってしまいましたが、Wharton MBAの学生が活用できる豊富なresourceの視点から、WhartonとPEVCについてまとめてみました。PEVCに就職したい人に限らず、事業会社や商社、金融機関で投資に携わる方も多くいらっしゃると思いますので、そのような方にとっても、Whartonは魅力的な学校の一つだと考えています。

尚、私の個人的なブログの方でも過去にもPE関連のエントリーが複数あり、今後も折に触れて書いていきたいと思いますので、受験準備の間に適宜ご覧いただければ幸いです。

http://newdaddyinwharton.blogspot.com/