「課外: 就職活動」カテゴリーアーカイブ

一斉更新!Class of 2022 日本人学生ブログ1:MBAで通用する英語力

自己紹介

Class of 2022の小澤です。TwitterやPodcast経由で知って下さっている方もいらっしゃるかもしれませんが、Japan Clubのwebsite上での露出は初めてなので、簡単に自己紹介させて頂きますと、男性/私費/商社→スタートアップで、現在Wharton MBAと併せ、同じくUniversity of PennsylvaniaのLauder Instituteで国際関係学とのDual Degreeプログラムに在学しています。

私の英語学習履歴
仰々しいタイトルになってしまいましたが、私の英語学習との出会いは、17歳の時に初めて海外旅行に行き、かつ大学一年時にはTOEIC315点という非常に恥ずかしい点数を叩き出したところからのスタートでした。幸い(?)、中高一貫校で、大学にも内部進学ができたので、勉強には全く興味がなく、悠々自適な大学生活を送っていました。大学一年時に部活を退部し、急きょ留学に行くことになり、私の果てしない英語学習の旅が始まったのですが、先日Podcastをリリースした際に、ある英会話学校の方から「英語力をどうやって伸ばしたか聞かせてほしい」とコンタクトを頂きました。私の英語力も発展途上であることは間違いありませんが、MBAに入学してから、英語力が原因でクラスについていけなかったり、同級生との会話を理解できなかったことは、他の純ドメの同級生に比べると少ないのではないかと思っています。アメリカ人にもコンペティティブと言われる業界の会社にも、「日本人であること」が全く価値にならない中、インターンシップのオファーを頂き、現時点でネイティブのマッチョ社会で生きていくことにも、あまり抵抗はありません(参考までに、先月リリースしたPodcastを付けておきます)。

https://t.co/Uhs2EDugMI?amp=1

一方で、大学一年生で留学した時には、相当苦労しました。日本人がいない環境に追い込もうと思い、アメリカの田舎に留学しましたが、アメリカ人はおろか、留学生の英語も全く理解できず、最初の2か月程度は非常に辛い経験もしました。私の英語力の推移については、このTwitterに掲載しましたが、一年の留学と、一年半英語環境に浸っていた訳ではない期間の後、TOEICは990点に到達し、英語で話す・書くことについても苦手意識は大きく低減しました。

https://twitter.com/ZachinAfrica/status/1244164129474015235?s=20

特段、変わった勉強方法をしていた訳ではありませんが、遺伝の影響もあったのか(言語は遺伝子が約50%で、残りの50%が努力でカバーできる部分らしいです)1年の留学を経て、現在と遜色ないレベルまで伸ばすことができました。前置きが長くなりましたが、今後MBA留学を目指す、もしくは現地で通用する英語力を身に付けたい方に、プロフェッショナルに要求される最低限の英語力についてお話できればと思います。

定義

ここでいう「現地で通用する」は、「ネイティブばかりの環境で、与えられた情報を聞き、読み、処理した上で、自分の意見を発信するレベルが、自分の職業人としての能力を制限しないこと」とします。

なぜ英語力が必要か(言語文化仕事)

個人的な経験を振り返ってみると、言語→国・文化への理解→プロフェッショナルとしての素地という順番で、成長カーブが訪れた気がします。個人差はあるでしょうし、人生のどの段階でどこに行くか(仕事で赴任するのか、学校に通うのか)によって差異はあるでしょうが、周囲のノンネイティブに聞いていてみると、ほとんどの人が同じような成長カーブを辿っているように感じました。せっかくMBAに2千万以上の投資をする訳ですから、事前にできるだけ言語と文化への理解は進めておいた上で、スキルやネットワークの研鑽に励んだ方が、投資対効果が高いことは自明の理だと思います。勿論、これらをすっ飛ばして仕事を得る人も存在するでしょうが、個人的には、「英語がさー、、」と言い訳をする人で、海外で就職し、活躍されている人を、私は存じ上げません。

あなたはどのレベルですか

突然ですが、あなたの英語力はどの程度か、把握されていますでしょうか。多少英語を勉強して、海外に慣れてきた日本人にありがちなのが、自分の英語力を過信してしまい、中学生レベルの内容を、ダラダラと外国人アクセントで、授業中に話してしまうことです。勿論、ParticipationがGradeの一部として評価される以上、内容が無いものを堂々と語れる度胸も必要になりますし、日本人以外の外国人でも同じような行動をする人は少なくありません。ただし、現地就職でコンペティティブなPEやVCを目指す場合、ネイティブの中でも、エリートが集まる会社に幾多ものDisadvantage(ビザやローカルカルチャーの理解等)を抱えて就職活動する以上、面接でこれをしてしまうと、果てしなく可能性はゼロに近くなります。言語だけでなく、世の中の自分に対する評価を正しく認識し、愚直に研鑽を積むことが、何よりも大切な一手になります。

「あなたは本当に英語を学習してきたのか」

日本の義務教育課程で英語を学んだ人は、Reading > Writing > Listening > Speakingの習熟度合いになると言われています。ほぼ日本国内で英語とフランス語を習得され、現在英語講師を務められていて、私が一方的に尊敬申し上げている森沢洋介氏によると、日本の英語教育は「音読、瞬間英作文が完全に欠落している」ことによって、「読める、書けるが、聞けないし、話せない」英語話者を生む原因になっているようです(表題の、半ば煽っているような言葉も彼の言葉です笑)。図のように、本来の言語機能である、話す、聞く、書く、読むをバランスよく習得することが、使える言語を学ぶ方法になります。辛いスコアメイクと面接を乗り越えたMBA受験生に何を言うか!と思われる方もいるかもしれませんが、現地でプロフェッショナルとして活躍する場合、想定Q/Aも手元になければ、初めて会う部下や上司の質問の傾向なんて知り得るはずもなく、実力だけで面接を乗り越える基礎力を既に持った人たちが、MBA中に、スキルやネットワークを身に付けた後、戦う場所がオフィスだと私も教えられました。

 (画像「英語上達完全マップ」より)

英語運用能力を伸ばす

では、実際MBA入学前や受験前にどのような準備をすべきでしょうか。私も発展途上ながら、僭越にも一意見を述べさせて頂くと、圧倒的に純ドメ+日本の義務教育のみで英語を学んだ日本人に足りないと思うのは、1. 発音 2. 瞬間英作文力 3. 表現力の順だと考えています。

  1. 発音
    まず、英語にはいくつ母音があるかご存知でしょうか?日本語には5つしかありませんが、英語には、26つもの母音があります。例えば、Hat/Hut/Hotは、日本語で言うと最初の2つは「ア」で、3つ目は「オ」ですが、どの程度口を開け、口の前・後・上・下どこで音を出すか認識できていますでしょうか。発音とは、因数分解していくと、「発音記号×音の繋がり×抑揚」で成るので、これらの「母音の発音ができていないのに、単語や文章の発音が正しくできるはずがない」ということになります。まずは、この本等を参考に、全ての音を理解してみてください。
    https://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E8%80%B3-%E6%94%B9%E8%A8%82%E3%83%BB%E6%96%B0CD%E7%89%88-%E7%99%BA%E9%9F%B3%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B-%E6%9D%BE%E6%BE%A4%E5%96%9C%E5%A5%BD/dp/4048688634

  2. 瞬間英作文力
    英語でとっさに質問された時に、日本語を英語に訳しながら話している人は、「英語回路」ができていない、と森沢氏は言います。ヨーロッパ系の言語の場合は、英語と日本語の文法や主語・述語の順列が似ている、もしくは同じものも存在するので、訳しながらでも自然に話せる人はいますが、日本語の場合は、これができていないと、「英語力があるのに話せない」という状態に陥る場合があり、英語で考え、英語で理解する為に、瞬間英作文と音読を通じて、英語回路を作っていくことが大切になります。

(英語と日本語の文法)

(英語とフィンランド語の文法)

  • 表現力
    WritingとSpeakingに共通する点ですが、その場や設問にあった表現を学ぶ機会が非常に少なく、結果としてあまりにもフォーマルであったり、幼稚な表現になってしまっている場合があります。(これは終わりの無い学びだと思いますが)日本でも同じように、場の温度感や雰囲気を察知し、適切な笑いや返しができることは、インフォーマルな場だけでなく、職場でも非常に大切なスキルだと思います。ヨーロッパ出身の一部の方は、アメリカのコメディやアニメを観て育つ場合もあり、小さい頃から多読、多聴を通じて表現を勉強していますが、日本人の場合は、自ら意識して取りにいかないと、大量にシチュエーションに合った表現に触れることは難しい環境にあることは間違いないと思います。


長くなりましたが、MBA中/後に海外で通用するプロフェッショナルに、必要最低限の英語運用能力についてでした。コメントお待ちしております。

就職活動(コンサル)・1年生前半の学生生活

Class of 2021の者です。受験生の皆様から就職活動についてお問い合わせを受けることが多いので、自分の経験をブログに綴ります。尚、メインは夏休みのインターンシップに向けた、1年生の就職活動です。そして、業界としては、私が就職活動をしたコンサルティング会社(東京オフィス)が中心です。一方で、Wharton Schoolの1年生の8月~2月に掛けてのスケジュール感がイメージできるように書いていますので、

  • 「1年生のAcademics/Social/Recruitingのバランスを知りたい」
  • 「MBA後のキャリアとしてコンサルティング会社に興味がある」

といった方々の参考になれば幸いです。

また、各月のAcademics/Social/Recruitingの労力の割き方のイメージが分かるように、各月の冒頭に“A:S:R = 5:2:3“といった目安を記しています。

私見を多く含みますが、少しでもご参考になれば幸いです。

1.スケジュール

8月      A:S:R = 3:7:0

入学直後はリーダーシップ・チームワークの授業があるものの、他の時間は多くの同級生と知り合う為の時間に費やされる。リクルーティングについては、MBA Career Management Officeからオリエンテーションがあるものの、学生は「まだ先の話。今を楽しもう!」という感覚でいる。

9月 A:S:R = 4:4:2

授業が本格的に始まり、授業・個人課題・グループワーク等で皆忙しくなる。一方でソーシャルは継続。毎週木曜日に大きなパーティーが開催され、それはそれで忙しい(二日酔いで翌日も機能しない)。一方で、学校が取りまとめるレジュメ・ブック(全学生の履歴書が掲載された本で、MBA採用に興味のある企業に配布される)用のレジュメの提出期限が10月上旬なので、少しずつリクルーティングが意識される。

尚、MBA受験時にレジュメの提出は必須だが、MBA受験用とリクルーティング用では強調するポイントが異なるので、基本的に全員がMBA受験用のレジュメを修正する必要がある。MBA Career Management Officeがレジュメの書き方ワークショップを開催してくれたり、個別面談に応じてくれたり、2年生のフィードバックセッションを設定してくれたりするので、米国式の就職活動向けレジュメの作成のノウハウを持っていなくても、心配は要らない。東京オフィスを希望する場合でも、英語のレジュメの提出が必須である。日本語の履歴書は不要。

10月 A:S:R=3:4:3

月の前半は第1Qの試験期間なので勉強モードが継続するが、10月下旬から本格的なリクルーティング期間が始まり人によっては全く授業に参加しなくなる。特に投資銀行のリクルーティングをする人は頻繁にNYに行く必要があり、授業を欠席しがち。

コンサルティングやテック系の会社の場合、キャンパス内またはキャンパス近辺で説明会/Coffee Chat/Drinksを頻繁に開催してくれるので授業との両立は可能。一方でリクルーティングに力を入れる学生の多くは企業の方々とのネットワーキングに時間を費やし始める。

因みにCoffee ChatやDrinksは当然ながら学生は無料で参加できる。美味しいドーナツやバーガーを沢山無料で食べることができるので案外毎日楽しい。

11月 A:S:R=3:3:4

第2Qに入り、勉強のリズムは多くの人が掴めてきているのと、このタイミングに忙しいことを見越してあまり授業を履修していない人が結構いるのとでAcademicsは盛り上がりに欠ける。一方で、面接のある1月を除けばリクルーティングが最も盛り上がる月と言える。

多くのイベントが11月3週目のThanksgiving前に集中するので、ほぼ毎日何らかのイベントがある状態。それに加えて、コンサルティング会社の面接ではケース面接というのがあるので、その準備も意識される。Thanksgiving 休暇には旅行を企画している学生も多く、旅行ぐらいは楽しみたいということで、それまでにネットワーキングと面接練習の目途を立ててしまおうという人が多い。

ケース面接については、所謂MBB(McKinsey, BCG, Bain)から社費できている同級生に面接官役を依頼したり、Career Management OfficeやConsulting Clubが提供するケース面接練習のスロット(面接官役の多くは夏にコンサルティング会社でインターンをした2年生)を利用したり、同級生同士で練習したりして対策する。

日本人については、11月上旬に開催されるボストンキャリアフォーラムで各コンサルティング会社の東京オフィスの方々と面談(面接ではない)することが多い。

11月中旬に申し込みの締め切りが集中する。提出資料は多くなく、9月に完成させたレジュメがメインだが、完成度に自信がない人はここで再修正をして提出する。多くの人が1月に開催される面接の招待を受ける。

12月 A:S:R=3:3:4

12月上旬は期末試験期間。リクルーティングイベントもひと段落し、しばし勉強に追われる日々。冬休みに旅行を企画する学生が多く、それはそれで楽しむ。一方で冬休み中もリモートでケース面接練習をしたり、旅行している同級生同士で面接練習をしたりすることがあるらしい。1月中旬の面接ではケースの出来もさることながらFIT面接(志望動機や過去の経験等に関する面接)も重要であることから、12月に入ってFIT面接対策を始める人も多い。

1月 A:S:R=2:2:6

第3Qの授業は1月最終週まで始まらない。コンサルティング会社や投資銀行は1月中旬には全ての面接を終えるので、これらの業界を志望している学生は面接に全力投球。最も学生が精神的に不安定になる月と言える。早めに内定を勝ち取って安堵する学生もいれば、望んだ会社からオファーがもらえず軌道修正を求められる学生もいて、リクルーティングの話をするのはなかなか気まずい。

1月末から、各社が内定者懇親会のようなものを開催する。そこで初めて友人が同じ会社に内定をもらったことを知ることもしばしば。

2月 A:S:R=4:6:0

コンサルティング、投資銀行の就職活動をしていた組は早々にリラックスモードに入る。今まで疎かにしていた勉強を頑張る学生もいれば、ソーシャルに走る学生もいる。一方でテックやPE、VCの就職活動をしている学生はまだまだ正念場。Zoom等でチャットしてる姿がキャンパス内で頻繁に見かけられる。また、西海岸に行く学生も多い。

以上、半年間のスケジュールのイメージでした。

2.リソース

上記のスケジュールでも触れていますが、学生が得られるリソースについて纏めます。

Career Management Office

専属のキャリアアドバイザーがいます。コンサルティング会社の場合は2名。レジュメ・面接(ただし、FITに限る)のアドバイスを個別にしてくれますが、忙しいのでリクルーティング期間を通して3回ぐらいしか会えないという感覚です。

MBA Career Fellows

Career Management Officeが指定した2年生。忙しいキャリアアドバイザーを補完する形で、面接練習やレジュメの確認に時間を費やしてくれます。

Consulting Club

2年生がケース面接のワークショップを開催してくれたり、実際に面接練習に付き合ってくれます。コンサルティング会社へのリクルーティングを目指すのであれば参加必須と言えるでしょう。

同級生

MBBの社費生が多くいます。彼ら/彼女らは面接の練習に良く付き合ってくれます。各社の実態を知るのにもいいでしょう。また、面接練習慣れしてきた1年生もいいアドバイスをくれることが多いですが、MBB社費生に練習相手になってもらう場合と違って、自分も面接官役にならないといけないので、練習だけで2時間かかります。勿論、他人の面接官役をやることで多くの気付きを得ることもできます。

各社の専属リクルーター

MBBがWharton専門のリクルーターをキャンパス近くに張り付けにします。Coffee Chatやケース面接対策等、親身になって対応してくれるので非常に有用です。

3.役立ったツール

Rocketblocks: ケース面接のフレームワーク、計算、ブレインストーミングを練習できます。

Caseinterview.com:良インタビュー、悪インタビュー例は秀逸です。

一方で、私個人の意見ですが、あまりに型にはまったケース面接対策本は役に立ちませんでした。寧ろ『イシューからはじめよ』『企業参謀』『論点思考』『仮説思考』といった本の方が、本質に近くて好きでした。

4.所感

ケース面接について不安に思っている方がいると思います。実際にWharton生でも多くの学生は30回程度練習を積んで本番に臨むケースが多いです。ただ、練習は量ではなく質が大事だと考えます。本質を掴む力を鍛え、弱みを潰す機会を充分に確保していれば(それはRocketblocksでもできます)、回数が少なくても充分に内定を勝ち取ることは可能です。

また、どのMBBからの社費生に聞いても「FIT面接はケース面接と同じかそれ以上に重要」と声をそろえて言います。そもそもなぜコンサルティング会社なのか、腹落ちするまで考えることをお勧めします。

一方で、ネットワーキングは必要最低限で構わないです。特に東京オフィスを目指す場合、キャンパスにいるリクルーターと非常に仲良くなったところで得られる効果は限定的だと思うので、各セッションは各社の文化を知る機会(あるいは美味しいドーナツを食べる機会)と割り切って参加すればいいと思います。

以上、冒頭にも申し上げた通り、飽く迄私見を多く含みます。内定獲得までの道は一人ひとり違いますが、ひとつの事例としてご参考になれば幸いです。

もしご不明点があれば、いつでもお問い合わせフォームで質問ください。

MBA生活の概要・学業への取り組み

Wharton1年生のNYです。1st Semesterも終わりに近づいており、MBAにも慣れてきた頃合いですので、MBA生活の概要および学業への取り組みについて紹介させていただきます。

 

MBA生活の構成・重点

MBAの生活は、主にAcademic/Recruiting/Socialの3つに分けて語られることが多いのですが、どれに重きを置くのかについては、個々人の裁量に委ねられています。1年生全体の傾向としては、Preterm及び1st QuarterではAcademicの、2nd Quarter (10月~12月) 及び3rd Quarter (1月~2月) ではRecruitingの比重が高くなる様です。

  • Academic
    学業を最も重視してMBAに来る学生は少数派だと思われますが、Whartonの学生の大半は何事についても少しでもいい結果を求めるタイプのため、自然とAcademicにも熱が入っている学生が多い様に思います。
  • Recruiting
    大半の1年生にとっては最も関心が高く、またWhartonとしても力を入れている分野と言えます。Pretermの一番始めのセッションが「Whartonでのrecruitingについて」というセッションだたことからも、その力の入れ様が伺えました。特にMBA生を大量に採用する金融やコンサル等の業界の就活(“Matured Recruiting”)を行う学生は、2nd Quarter及び3rd Quarterに非常に忙しくなります。
  • Social
    Whartonが提供する各種プログラム (Student Life Fellowなど)、学生が主体となって行うClub活動(PartyやTrekなど)、個人的なnetworking、等々、様々な形があります。

上記に含まれない活動(例えばUpenn横断で提供されているVenture Initiation Program等)に力を入れる学生もいます。Whartonでは、どれか一つに絞ったとて使いきれない程のResourceがそれぞれの分野で提供されています。

* Pretermは1st Semester前の8月にOrientationやTeam-buildingを目的として実施されているWharton独自のプログラム

 

Academic/学業の取り組み方

家族と過ごす学生生活」(19年10月30日投稿)では、家族との時間を大切にしつつAcademicにも時間を使っている1年生のスケジュールをご紹介致しました。但し、前述の通り何を重視するかについては、それぞれの目的/関心に応じて自由に設計できる様になっていますので、「Academicに時間を使わない」という選択も許されている様に感じています。

  • Grade Non-Disclosure (GND) Policy
    Whartonでは「就活中はGPAを公開しない」という学生間の取り決めがあります。これはGPAを気にし過ぎずにAcademic以外に時間を使うことを促すものです。他に、良い成績の取りやすいクラス・自分の得意分野のクラスでなく、本当に興味・関心のあるクラスを受けることを促すことも目的となっています。
  • LT (Lowest ten percentile)
    成績下位10%に該当する場合はLTという扱いになるのですが、1セメスターに2.5単位までLTを取ることが許されています。このため、「如何に戦略的にLTを取るか(今学期のクラスの中で時間を使わなくてもよいものはどれか)」ということを真面目に検討する学生も多くいます。

※Whartonの他にもBerkley, Chicago, Columbia, London Business School, Stanford, Yale 等がGNDを採用

 

30年程前にGSBの2年生が1年生に送ったという手紙の中に、「いい成績は失敗の証。なぜならクラス以外のことに上手く時間を使わなかった証拠だから」という主旨の文言があり、勝手に共感を覚えている筆者は、あまりAcademicに時間を割いていません。1st Semester (9月~12月)は隔週のペースでグループ旅行に参加しています。

  • Cape Cod (20人): Labor Day Holidayを利用
  • New York (5人): テニスのUS Open観戦等
  • Puerto Rico (10人): Midterm前週のFall-breakを利用
  • Atlantic City (14人): UPennの他Programの学生も交えたグループ旅行
  • Kentucky (20人): Whiskey Clubのイベント
  • Amsterdam (3人): 通常の週末に弾丸ヨーロッパ旅行
  • Argentina (7人): Thanksgiving Holidayを利用
  • India (35人): GIPというWhartonプログラムの一環

※ 場所 (グループ人数)

 

Academic/学業の死守ライン

前述の通り何を重視するかは十人十色であり、私自身は学業をあまり重視していません。但し、学内及び卒業後の評判を考えたうえで学業に取り組む必要があります。

  • Learning Team
    Whartonでは入学時に6人1組のLearning Teamが作られ、必修科目の多くでそのTeamを軸としたGroup Workが要求されます。Team Memberの学業に取り組む姿勢は必ずしも統一されていないので、Academicを重視しないと決めた場合でも、他メンバーに迷惑を掛けない/他メンバーの考えを尊重することが大事です。前述のGNDもあり、成績が悪かったところで周囲からの評価が変わることはない様に思いますが、Group Workの取り組み次第では悪い噂が立つこともあります。そのため、時にはIndividual Workに割く時間をさらに切り詰めて、Group Workに少しでも多くの時間を使う、という様にしています。
  • Classmates
    Whartonの学生は皆優秀なのですが、当然ながら授業内容や個々人の得手不得手によって、頑張っているのに中々理解が進まない、という状況に陥っている学生もいます。そのような場合には、自分が良いGradeを取るために時間を使うよりも、その人を助けるために時間を使うことが大事になる場合もあります。例えば、頑張ればBではなくAを取れそうな場合にAを取ろうと時間を使うよりも、周囲にCを取ってしまいそうなClassmateがいたならば彼/彼女がBを取られる様に時間を使う、という具合です。時間を使ってあげた学生から「優秀だ」という様に認識して貰えるので、時には実際の成績に関係なく良い評判を得られます。逆に一人で頑張ってAを取っても、Palmer Scholar等の表彰にならない限り、ほとんど認知されない/覚えられない様に思います。