「課外: 就職活動」カテゴリーアーカイブ

Wharton MBA生のアメリカ就活

Class of 2017のSTです。今回はWharton生のアメリカにおいての就職活動についてお話ししたいと思います。多くの日本からの留学生の方々は、企業派遣、もしくは就職するならやはり日本に帰る、という方が多いかとは思いますが、少なからずともアメリカに残って仕事をしたいという方もいらっしゃると思いますので、そういった方にとって少しでもお役に立てればと思います。

このトピックのブログは過去にも色々ありますが、なぜか金融危機時代に集中していて書かれているものが多いので、近年の就職活動の雰囲気をシェア出来ればと思います。

ちなみに一番詳しく書かれているのはこちら。
http://www.kelloggalumni.jp/kellogg_life/2009/05/12.html
http://www.kelloggalumni.jp/kellogg_life/2009/05/2-2.html

基本的な内容は変わりませんが、近年好景気サイクルという事もあり、就職は比較的しやすいと思います。同じことを書いてもしょうがないので、上記リンクで既に記載されている事は省かせていただきます。

 

まず、MBAの米国内での就職活動は大きく分けて二つMature Recruiting CycleとEnterprise Recruiting Cycleにわかれます。本就職はまた時期が変わってくるのですが、今回はインターンシップに関してお話ししたいと思います。

Matureは一般的に比較的成熟した企業が学校に説明会に来て、学校のCareer officeを通して、決まった時期に就職活動をする方式。時期としては、以下がWhartonでのスケジュールです。(他校は多少ズレがあるとの認識です。)

10月中旬〜12月上旬 説明会
12月上旬〜下旬 アプリケーション提出
1月下旬~2月中旬 面接

一方で、Enterprise Recruitingは、スタートアップや、学校には来ないような企業に就職をするという就職活動の方式です。こちらは主にスタートアップが多いということもあり、決まったサイクルはないのですが、11月〜12月頃にかけてネットワーキングを始め、2月下旬から求人情報がキャリアサイトに上がり、4月中にインターンの結果が決まります。

この記事では特にMature Recruiting Cycleについて主にお話しいたします。

アメリカに来てせっかくだからシリコンバレーのスタートアップで働きたい、アメリカで起業したい という方も多いように感じますが、現実的に無理とは言わずとも、スタートアップやアメリカでの起業はビザに問題が生じることが多く、外国籍の学生の多くは、結果的にまずはビザをサポートしてくれる企業に就職をし、その後転職をするという方法をとります。

ちなみに、Whartonでは専攻を選ぶことができるのですが、StatisticsもしくはBusiness Analytics Majorを選ぶとSTEM(Science, Technology, Engineering, Mathematics) OPT Extensionとして最長3年まで延長ができるため、外国人の就職には有利となります。詳しくはこちら。http://www.us-lighthouse.com/life/visa/after-opt.html

業界は様々ですが、人気順で言うと以下の通りです。

同1位:Investment Banking or Consulting

  • 年によって順位が変わるのですが、何十年来ツートップなのは間違いないです。大体年間800人+のクラスのうち、半数はどちらかの業界を受けています。(各社数十人を1月下旬に一気に採用するので、早く終わり、内定もらえる確率も高いというのが魅力)
  • ビザのスポンサーも手堅くサポートしているので、外国籍留学生にとっては、入りやすい業界。

2位:Technology

  • Technology業界の成長や、Amazonなどが近年大量に採用しているということもあり、人気は高いです。ただ、テクノロジー業界はエンジニア優遇で、MBAは二の次という扱いになる場合も多く、面白いポジションが少ないというのがネックな場合があります。実際インターンしてみてから、自分のやりたい仕事ではなかったというケースも多々あります。
  • 大企業であれば、ビジネス系列社員のビザも申請をサポートするが、エンジニア以外はサポートしないというスタンスの会社も多い。

———————-外国人が不利になり易いライン——————

この3業界以外は大量採用をしない会社が多いということもあり、外国人が不利になり易いです。あからさまにアメリカでの就労ビザがないと応募ができない、というのが求人ページに既に記載されていたりもします。

3位: PE

  • 人気なのは間違いないのですが、PE出身者がPEに戻るパターンが多いです。金融の経験があるから、業界チェンジでPEに入ろう、というのは実はかなり険しい道のりになるかと

 

Whartonが発表しているインターンシップ就職先の統計はこちら。98%の人が就職しているので、真面目に就活していれば何とかなる、というのが近年の状況です。https://statistics.mbacareers.wharton.upenn.edu/internships/industry-choices/

 

ここからMyth Buster 形式によく考えられがちなMBAの就職活動に関して、一つ一つ否定していこうと思います。

Myth #1: 沢山の企業が学校に来るんだから、説明会で色々見るチャンス。

Myth Buster #1: そんな余裕ありません。10月中旬から5週間に 百社以上学校に来るので、同じ時間に5-10社ほど説明会が行われます。この時点ですでにどの会社の説明会に出るかを絞っておかないと、唯一説明会でネットワークを作るチャンスを失う、ということもあります。(会社によっては面接に呼ばない場合も)

ちなみに今年の説明会のスケジュールはこんな感じ。日々取捨選択です。

Myth #2: 日本でトップ企業(金融、コンサル、商社など)に勤めていたのだから、アメリカでも職歴勝負でなんとかなる。

Myth Buster #2: あなたのアメリカ人同級生も同じです。しかもアメリカは転職が当たり前の社会。なので、投資銀行やコンサルでキャリアをスタートさせた人でも、キャリアアップのために一度は転職している人が過半数。しかも彼らは、アメリカ独特のアグレッシプかつスマートなコミュニケーション能力と、学部生時代のコネで、色々な企業に昔の同級生がいるので、ネットワーク構築にも有利。

一度説明会などに出てみると分かりますが、採用担当者を捕まえ、ハイエナの如く輪になって囲い、テンポよく順番に鋭い質問を投げかけてる姿を見ていると、流石としか言いようがありません。しかもちゃっかりしている人たちは、その場で長々と続けず、「この仕事内容に興味があるのだけれど、それに精通している人を紹介してくれませんか?」などとうまく次に繋げてきます。最初は私もよく「アメリカ人アグレッシブで怖い。」と思ったものです。

Myth #3: 業界を絞らずとも、色々な業界に応募すればいい。

Myth Buster #3: これも難しいです。無理とは言いませんが、特にコンサルや投資銀行などは、説明会に出ればいいというものでもなく、コーヒーチャット、カクテルセッション、会社とのディナー、そしてNYオフィス訪問等、体力的に相当厳しい長期戦です。Techが一番そういった時間を費やすイベントが少ないので、Techとコンサルもしくは投資銀行などで応募する人はいますが、それぞれの業界、かなりFace Time(イベントなどの出席)を求められるので、Tech兼その他業界でない限り難しいです。たまにPE出身の人がPEとIM(投資信託やヘッジファンドなど)を同時進行させていますが、その業界出身でないと 難しいと思われます。

どの程度の準備が求められるかというと

投資銀行: イベントの参加は絶対。不参加だとその場で落とされる。そして5週間連続、ほぼ毎週NYオフィスでイベントが行われるので、そのイベントに参加する。(フィラデルフィアはNYに近いので、参加が求められるが、学校の地域によって差が出る。)そのイベントの合間を縫って、企業の人にアポ入れ、コーヒーチャットを2-3人と行う。そこで気に入ってもらえた人が面接に呼ばれる。面接準備はVault Guide(面接赤本のようなもの)を参考。

コンサル: 参加は絶対ではないが、毎週各社2−3イベントあり、さらにコーヒーチャットを2−3人と行う。それ以外にも自分が特に気になっているオフィスなどがあれば、そのオフィスの人をリクルーターに紹介してもらい、そのオフィスの人と電話。多くの人はThanksgiving Breakを利用して、自分の第一希望のオフィスに出向く(大体現地オフィスでもそのタイミングでイベントが行われる)。気に入ってもらえた人が面接に呼ばれる。(とは言っても各社150人くらい面接に呼んでいるので、投資銀行ほど厳しくはない。)

さらに本面接がケース面接になるので、普通の面接練習に追加で、一対一のケース面接練習を11月頃から合計30時間ほど行う。単に応募すればいいというものではなく、面接に呼ばれるまでに相当時間を費やす必要があり、意外にMBAの外には知られてない情報です。

他はあまり詳しくはないのですが、Techが割と楽と言われる理由は、そこまでFace Timeが必要ないのと、イベント数も少なく、時間を費やさずとも面接には呼んでもらえる確率が高いからかと。

外国人は就職が難しいと言われるアメリカですが、毎年本国で大学を卒業し、英語も完璧ではなく、就労ビザもない外国人留学生が多々アメリカで就職しているのですから、ちゃんと戦略を立ててチャレンジをすれば、そんなに難しくないのでは、と思います。アメリカで就職するかどうかは別に、アメリカでの就職活動の豆知識として参考になれば幸いです。

ST

コンサルティングに関心をお持ちの皆様へ

二年生のお茶男です。
ウォートンといえば金融ばっかり、というイメージがあるんですが、実は他の分野においても非常に強いと実感しました。

私はコンサルティングに転職しようと思ってウォートンに入りました。 近年のウォートン卒業生の3割近くがコンサルに入ったなど、統計も事前に確認しました。

結局コンサルティングファームからのインターシップオファーを複数もらって、Top 3のコンサルティングファームの東京オフィスでインターンシップをしてフルタイムオファーも無事にもらえました。とても嬉しかったです。

ウォートンのコンサルティング関連のリソースに結構頼りました。 色々助かりました。 今回はウォートンの実践コンサルティングのプログラム(実際の企業や組織にコンサルティングを提供するプログラム)を紹介したいと思います。

Global Consulting Practicum – これはすごいと思いました。 ウォートン生5人、海外のビジネススクールの学生5人とチームを組んで、実際の国際コンサルティングプロジェクトに取り組み、実際にクライアントに戦略のアドバイスを提供する、という感じのプログラムです。冬休みに海外に一週間出張で行って5月に海外の学生が一週間ウォートンに来ます。 私の場合は中国市場に進出する予定のアメリカ企業のプロジェクトに参加しました。このプロジェクトのパートナースクールは上海の復旦大学で、彼らもすごく優秀でフレンドリーでした。 コンサルティングファームで行う市場調査やエキスパートインタビューなども行って、実践的な経験がいっぱい出来ました。ともかくすーごく勉強になりました。https://gcp.wharton.upenn.edu/

Wharton Community Consultants – 地元(フィラデルフィア)の非営利組織のために、5人ぐらいのチームで数ヶ月にかけてコンサルティングプロジェクトを行う組織です。こういう組織は普段、コンサルタントやMBAと接する機会があまりないので、MBA生として色々有用な提案ができると思います。

Wharton International Volunteer Program – 途上国の中小規模の非営利組織にコンサルティングを提供するプログラムです。ほとんどは遠距離でやりとりするんですが、実際に4人ぐらいのチームで2~4週間現地で過ごすこと出来ますので結構面白そうです。過去のプロジェクトの実例として、ネパールのNGOのためにマイクロファイナンス戦略を立てるチームがありました。

コンサルティングファームへの就職を希望されている方、またはコンサルをやりたいかどうかまだ迷っている方は、このような実践コンサルティングプログラムでコンサルを味わえるのですごくいい機会だと思います。

Wharton生がアクセスできる豊富なPEVCリソース

2年生のYNです。

1st roundのinterview invitationや2nd roundのapplication 準備の追い込みの時期に差し掛かってきていると思いますので、今日は受験生の方に何か参考になればと思い、WhartonとPrivate Equity (“PE”), Venture Capital (“VC”) というテーマで投稿したいと思います。理由としては、新学期に入り日本から学校見学に来られる受験生の方が例年以上に増えている中で、実際にお会いした際にPEVC関連の質問を受けることが多いためです。

MBA取得後のcareerとしてPEVCを考えている人にとって、Whartonはbest business schoolの1つだと思っています。その一番の理由は、PEVC関連のresourceが非常に充実している点です。以下、授業、課外活動、同級生、卒業生、実際のcareer opportunityという5つの観点から、Wharton入学後にアクセスできるPEVC関連のresourceについてまとめたいと思います。

1. 授業

まずはMBAの授業の中でPEVC関連の授業はどのようなものがあるのかまとめたいと思います。250程度あるWharton MBAの選択科目の内、一番直接的にPEVCについてカバーしている授業として、以下のようなものがあります。

  • FNCE 750: Venture Capital and the Finance of Innovation

This course covers the finance of technological innovation, with a focus on the valuation tools useful in the venture capital industry. These tools include the “venture capital method,” comparables analysis, discounted cash flow analysis, Monte Carlo simulation, contingent-claims analysis, decision trees, and real options. The primary audience for this course is finance majors interested in careers in venture capital or in R&D-intensive companies in health care or information technology.

  • FNCE 751: Mergers, Acquisitions, and Buyouts

Mergers and friendly acquisitions, hostile takeovers and buyouts. Using case studies, the course surveys the drivers of success in the transactions. While issues regarding motive and strategy will be discussed, financial theory would be the main lens used to view these control acquiring transactions. The objective is twofold: (1) develop a concept and translate that idea into a proposal through deal design; and (2) analyze to form opinions about proposed deals. The course should be of interest to students interested in pursuing careers as private equity investors, advisors in investment banking and corporate managers that deal with these issues.

  • FNCE895: Advance Seminar: Private Equity

The course will be a survey of the private equity asset class.  Its objective is to provide an understanding of the concepts, agents, and institutions involved in the late stage corporate private equity market in the U.S. and around the globe.  It will examine the buyout market and the activities of buyout funds from the differing perspectives of private equity investors, private equity fund sponsors, and managers of the portfolio companies. The course topics will follow the private equity cycle by studying representative transactions in the U.S., Europe, and emerging markets: Private Equity Structure and Fundraising; Negotiation, Adequate Deal Structures; Investment Origination, Due Diligence, and Valuing of Private Equity interests; Value Creation and Management of Portfolio Companies and Investment Exit.

  • MGMT809: Private Equity in Emerging Markets

This course is designed to provide students with a practical understanding of private equity issues focusing on developing country environments. The underlying premise of the course is that private equity in these countries is a distinctly different asset class than in industrialized countries for a number of reasons that will be analyzed by students, such as valuation, corporate governance standards and practices, contract enforcement and regulations, and exit alternatives. Students will assess these differences that heighten both the risks and the opportunities for private equity investors compared to more developed countries. The course will be analytically rigorous and require a high level of weekly preparation and class participation. The case method of teaching will predominate, allowing students to gain a realistic understanding of the roles, responsibilities and analytical skills required of practitioners, and the tensions that arise between the various stakeholders, including government officials who formulate regulations and policies that effect PE investor behavior and performance. Cases will highlight the challenges and tasks performed at each stage of the investment cycle, such as structuring a new fund, originating investment opportunities, conducting due diligence, monitoring and creating value in portfolio companies, and exiting.

上記の授業以外にも、PEVCをキャリアとして考える上で有益な授業がWharton MBAには多数あり、取捨選択するのが大変なほどです。加えて、KKRの現役partnerがUPENNのlaw schoolで授業を受け持っていて、Whartonの学生も受講することが可能です。

2. 課外活動 (PEVC Club, PEVC Conference, PE/VC competition)

授業以外でもPEVC関連について勉強できる場面が多くあります。一番大きなresourceはPEVC Clubで、2学年合計で1,600人程度いるWharton MBAの学生の内、多い年では800人程度がclub memberになっている程巨大な組織で、Wharton MBAで100以上あるclubの中でも最大規模です。

同clubの主な活動としては、

  • Education – 例年新学期が始まってから、legal, financing, deal execution, modeling等のテーマについて、専門家を招きlectureを行ってもらっています
  • Career Trek – PEVCへの就職はnetworkingが命、ということで、毎年米国内外へのtrekが企画、開催されています。例えば昨年度では、米国内ではNYC, Boston, SF,  Chicago, Seattle、米国外ではLondon, India, Brazil, China,  Middle East等へのtrekが行われました。
  • Speaker – 米国内外の大手PEVCのpartnerによるpresentationの機会も非常に多いです。例えば先週だけでも、Apaxのpartner, GP investments (南米最大規模のPE)のpartnerのpresentationがありました。

PEVC clubに加えて、毎年行われているPEVC conferenceも有益なresourceの1つです。こちらも例年非常に充実しており、例えば過去3年間のkeynote speakerだけ挙げても、以下のように業界の有名人が実際にconferenceに来て下さっていることが分かります。

2010

  • John F. Megrue, Jr.   – CEO of Apax Partners U.S.
  • Dalip Pathak  – Head of Warburg Pincus Europe and India
  • Paul Holland  – General Partner of Foundation Capital

2009

  • Leon Black  – Founder of Apollo Management, L.P.
  • Philip Yea  – Chief Executive of 3i Group plc
  • Andrew Ross Sorkin – Chief Mergers and Acquisitions Reporter of The New York Times

2008

  • David Rubenstein  – Co-Founder of The Carlyle Group
  • Guy Hands  – Founder of Terra Firma Capital Partners
  • Dick Kramlich  – Co-Founder of New Enterprise Associates

更にはBuyout competition、VCIC competitionと言った、学生同士で組んだチームで、ある投資のケースに対しての提案をプレゼン形式で行い、クオリティを競うようなコンペがあります(学校をまたがってのevent)。これらは多数のb-schoolから参加があるため、Whartonの枠を超えて他校のPEVC communityともnetworkingできるような機会が存在します。また、コンペは実際の業務に近いプロセスを疑似体験することを目的としているので、個人としての学びも非常に大きいです。

3. 同級生

学校側が提供しているresourceに限らず、PEVC出身の同級生からも業界について学んだり、PEVC各社へのnetworkingをsupportしてもらえるのがWhartonの良い所です。Class of 2012 (現在の1年生)は817人中16%がPEVC出身者であり、単純に考えると同じクラスの6人に1人、絶対数では同学年の130人程度が同業界出身者という事実からも、同級生が大きなresourceであることが分かります。

4. Alumni Network

卒業生にも多くのPEVC  professionalsがいるのがWhartonの特長であり、前述のpresentationやconferenceの充実といった点については、卒業生まで含めたPEVC communityがしっかりしているからこそ毎年実現できていると考えています。Whartonには、Wharton Private Equity PartnersというPEVCに限ったalumni communityが存在し、卒業生間、卒業生-在校生間で密にcommunicationを行っています。ちなみに、Advisory Boardには、Blackstone, KKR, Carlyleといった大手PEや、KPCBといった大手VCのpartner/MDも名前を連ねています。以下がWharton Private Equity Partnersのwebsiteになりますので、ご参照下さい。http://www.wpen.org/

5. Career Opportunity

最後に、実際にPEVCに就職できるのかという観点から、career opportunityについて触れてみたいと思います。PEVCはconsulting、investment bankのように大々的にcareer event、recruitingを行うことはなく、主にはinvitation baseであったり、知り合い経由でnetworkingをしていく中でinterviewまでこぎつけるという形のprocessが一般的です。そのような中、Whartonのcareer management centerが毎年作成しているresume bookに自分のresumeを登録しておくとPEVCから直接連絡が来ることもままあり、また前述の通り友人や卒業生、trekやconferenceで知り合った人経由でinterviewを設定し、job offerをもらうケースが多々あります。加えて、Whartonでは大手のPEVCがon-campusでinfo sessionやinterviewを行うこともあります。例えば、先週もGlobalでTop 5に入るPEがcampus recruiting eventを開いていました。

尚、日本においても、日系/外資系のPEの多くにはWhartonの卒業生がいることから、在学中も卒業後もnetworkingがしやすい環境となっています。

以上、長くなってしまいましたが、Wharton MBAの学生が活用できる豊富なresourceの視点から、WhartonとPEVCについてまとめてみました。PEVCに就職したい人に限らず、事業会社や商社、金融機関で投資に携わる方も多くいらっしゃると思いますので、そのような方にとっても、Whartonは魅力的な学校の一つだと考えています。

尚、私の個人的なブログの方でも過去にもPE関連のエントリーが複数あり、今後も折に触れて書いていきたいと思いますので、受験準備の間に適宜ご覧いただければ幸いです。

http://newdaddyinwharton.blogspot.com/