「未分類」カテゴリーアーカイブ

WHARTON MBA 若手卒業生による非公式説明会(11/9(土)開催)

(English follows:)

11月9日(土)、コレド日本橋にて、若手卒業生によるWharton MBA説明会を開催します。ウェブサイトだけでは十分に伝わらないWharton MBAの魅力や特徴を、よりカジュアルな雰囲気の中でご紹介します。Whartonへの出願された方や検討されている方はもちろん、将来的にMBAに進学したいと考えられている方、MBA受験するか迷っている方もぜひご参加いただければと思っております。

【イベント概要】

1.キーノート対談
浅原 大輔氏 (2013年卒業、MBA前はゴールドマンサックス投資銀行部門資本市場本部に在籍、現在HEROZ取締役)

2.プレゼンテーション
Whartonのカリキュラム、在学中の多様な機会や選考プロセスなどについてご説明します

3.若手卒業生よるパネルディスカッション
Why MBA/Wharton、学校や授業の雰囲気、課外活動、卒業後のキャリアまで幅広いトピックをカバー

4.卒業生とのコーヒーチャット
最近の卒業生がご質問にお答えします。
漠然とMBAは気になっているけど、受験に踏み出せない方もぜひご参加ください。よくご質問いただく、「費用対効果は?」「私費でもなんとかなる?」「結婚・家族・子育てと両立可能?」「どうスコアを取ればいいの?」といった疑問や悩みに、経験者がお答えします

【 日時・場所】
日時:2019年  11月 9 日(土)13:30 開場、14:00 開始、17:00 頃まで(途中退席可)
場所:コレド日本橋 5階 (中央区日本橋1-4-1、WASEDA NEO内)
https://wasedaneo.jp/waseda/asp-webapp/web/WAccess.do
その他: 日本語、無料

【 お申し込み】
参加ご希望の方は下記リンクよりご登録ください。参加者多数の場合、先着順とさせて頂きます。
お申し込みリンク:
http://www.cvent.com/d/3hqkt1

※Facebookイベントページの出席だけではご登録は完了しません。必ずリンクよりご登録をお願いいたします。イベントの内容が多少変更になる場合もあります。ご了承ください。

【お問い合わせ】
Wharton Tokyo Office 島貫

 

minako_shimanuki@wharton.upenn.edu

 

English version:

On Saturday, November 9, 2019, Wharton alumni-led MBA info session will be held by recent alumni at Coredo Nihonbashi. We will introduce, in a casual atmosphere, the basics about the Wharton MBA program but also its fascinating characteristics that cannot be fully communicated with the website alone. If you have already applied this year, are considering applying, or even just interested to apply in the future, you are all welcome to join us!

 

[Event Overview]

  1. Keynote speech

Daisuke Asahara (Graduated in 2013, worked at Goldman Sachs in Investment Banking before MBA, currently CFO of HEROZ)

  1. Presentation about Wharton MBA program

Learn about Wharton’s curriculum, the various opportunities during the MBA, and the selection process

 

  1. Panel discussion with recent graduates

Covering a wide range of topics from “Why an MBA?”, “Why Wharton?”, school and classroom atmosphere, extracurricular activities, and career opportunities after graduation

  1. Coffee chats with alumni

Recent graduates will answer all questions you may have. The most frequently asked questions are “What is the cost of an MBA, including living expenses?”, “How can I manage the cost if I am not sponsored by my company?”, “Is it really manageable for parents with children to get an MBA?”

 

【Venue】

Date: Saturday, November 9th, 2019: 2pm-5pm (registration starts at 1:30pm)

Venue: Coredo Nihonbashi 5F (address: 1 Chome-4-1 Nihonbashi, Chuo City, Tokyo 103-0027)

https://wasedaneo.jp/waseda/asp-webapp/web/WAccess.do (Japanese only)

Other: The session is free and will be held in Japanese

 

【Registration】

Please register from the link below. In the case there is too many participants, registration will be first-come-first-served basis.

Registration link:

http://www.cvent.com/d/3hqkt1

アゴス・ジャパンMBA夏祭り参加のご案内

皆さま、こんにちは。

アゴス・ジャパン主催のMBA夏祭りに、Whartonがブースを出展致しますので、下記の通りご案内致します。30校以上のMBAプログラムが参加し、500-600名の来場者が見込まれるイベントです。当日はWharton卒業生が来場者の皆さまと直接お話させて頂き、Whartonの魅力をお伝えできれば幸いです。MBAに興味のある方、出願を検討されている方、多くの方々とお話できるのを楽しみにしております。

 

【開催日時】 2018716日(月・祝) 12:00〜
       (12:00~ アゴス受講生、13:00~ 一般)

 

【会場】ベルサール九段(東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル3階)
    地図:https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/tokyo/bs_kudan/access

 

【イベント形式】
各学校のブースに分かれ、ブースを訪れた入場者からの質問に答えるフェア形式のイベントです。セミナーやパネルディスカッション等は予定しておりません。

 

【予約サイトURL】 https://www.agos.co.jp/e.php?e=6249

 

※本イベントとは別に、8月上旬にWharton非公式説明会、8-9月に1stラウンド向けのWebinarの開催も予定しております。近日中に別途ご案内致します。

 

COURRiER Japon「ウォートンに聞け! 」なぜ「起業」が“当然の選択肢”なのか?

2016年4月からCOURRiER Japonにて連載の「ウォートンに聞け!」最新記事は、Wharton内での起業に対する認識についての在校生レポートです。Whartonは、Financeで有名という印象がある方もいるかもしれませんが、記事内にもある通り、学生の起業に対する意識は非常に高く、リソースや機会にも多く恵まれています。現在2年生のWharton生が、実体験をもとに、Whartonで起業を志す学生の生活を紹介させていただきましたので、ぜひご一読ください!

【COURRiER Japon 連載】ウォートンに聞け!

なぜ「起業」が“当然の選択肢”なのか?

嶋原佳奈子 沖縄県生まれ。2009年京都大学総合人間学部卒業。同年、伊藤忠商事株式会社入社。情報通信部門にて出資先の事業開発に従事した後、2013年よりNPO法人クロスフィールズにて組織運営、および新興国NPO支援と日本企業の人材育成プログラム構築に携わる。2016年ウォートンスクール入学、2018年MBA取得予定。

PHOTO: THE WHARTON SCHOOL, COURRiER Japon

2015年、米大手ビジネス誌「ファスト・カンパニー」は、オンラインメガネ販売の「Warby Parker(ワービー・パーカー)」社を、世界で最もイノベーティブな企業に選出した。50位までのランキングで、グーグルやアップルを抑えてのトップだった。

同社は、ウォートン在籍中だったMBA学生4人が2010年に起業したスタートアップだが、現在の時価総額は12億ドル(約1370億円)に達すると言われている。

ファイナンススクールのイメージが強いウォートンだが、じつは、事業創造やイノベーションに力を入れている(ちなみに、テスラやスペースXの創業者である世界的な起業家、イーロン・マスクもウォートンの学部卒だ)。
今回は、ウォートンで起業プログラムを体験した日本人留学生のレポートをお届けする。

「Penn I-Corps」に応募したチームメンバーと(右から2番目が著者) Photo: Kanako Shimahara

 

「起業は一大決心し、リスクをとって進む道」という印象を以前は持っていた。だが、ウォートンの事情はかなり違う。

ワービー・パーカーの創業者が、夏休みには自分たちのスタートアップにコミットせず、企業でインターンをやりながら就職活動をしていたように、「起業」は当たり前に存在する1つの選択肢であって、他のオプションと比較検討されるものなのだ。

私自身も、総合商社から設立間もないソーシャル・ベンチャーに移った経験があり、ウォートンへの入学以前からスタートアップへの関心は強かった。

それでMBA留学の2年間は、リスクフリーに物事を試せる時期でもあって、友人たちと学校のリソースを最大限活用しながら、アイディアのビジネス化にチャレンジした。

ウォートンは、起業に関心を持ち、実際にアクションを起こす学生が多い。私と同じラーニングチーム(課題に一緒に取り組む班のようなもの)の6名のうち、私を含めて3名が起業に関心があった。

まず「挑戦」してみること

名門アイビー・リーグの一校で、米国最古のビジネススクールを自負するウォートンは、予想以上に授業の課題も多く、学業の負荷が大きい。起業に興味があっても時間がない……かと思っていたら、入学早々、とあるきっかけが訪れた。

学内で女性を中心としたスタートアップのピッチコンテストがあり、ラーニングチームのメンバーと一緒に挑戦したのだ(ちなみに、女性の学生が4割強を占めるウォートンでは、女性のエンパワーメント・イベントが活発に開かれている)。

出会って間もない仲間とアイディアをひねり出し、書類審査を突破して、100名超の来場者を前に数分間のピッチ(短いプレゼン)をおこなった。会社設立済みの強豪チームも参加するなか、残念ながら入賞にはいたらなかったが、ビジネスプランのピッチに対するハードルを下げることができて良かったと思う。

ピッチで提案したのは、メンバーみんなで考えた「Polar News」という名前のニュース・メルマガで、政治などのトピックについて立場が正反対の記事を対比させて、異なる視点を同時に提供するというものだ。

SNS時代の「エコーチェンバー現象(価値観の似た者同士だけで交流することで、特定の意見や思想が増幅されること。攻撃的な意見や誤った情報を広める一因にもなるとされる)」に問題意識を持って考えたサービスだった。

その後、メンバーの1人はこのときのアイディアを追求し続けて、いまでは10万人近い読者を集めるメールマガジンのサービスを運営している。

「起業プロセス」を学べる場

ウォートンには「Entrepreneurial Management」というコースがあり、
「Innovation」、「Entrepreneurship」、「Product Design」といった起業に関する授業を、経験豊富な教授陣が実践に近い形式で教えている。

たとえば、「Innovation」を担当するカール・アーリック教授は、複数の企業を創業し、24の特許を持ち、その著書は世界中の学生の教科書になっている有名人だ。彼の授業中にビジネスアイディアの着想を得て、起業した学生も多い。

私も、1年生の後半に「Innovation」を受講し、イノベーションの切り口について授業で学びながら、実際の具体的なアイディアをひたすら考えつづけた。そして、そのアイディアに対してのフィードバックを授業中にもらう、というプロセスを繰り返し、可能性の高いアイディアを絞り込んでいった。

ちなみに、ウォートンでは授業以外にも、賞金1500万円をかけた「Startup Challenge」や、「Y-prize」というペンシルベニア大学横断のビジネスコンテストなど、アイディアを競う機会が頻繁にある(ウォートンは、ペンシルベニア大に属するビジネススクールだ)。

Innovationのクラスでアイディアを絞ったら、次のステップは“仲間探し”だ。まず、スタートアップに興味のあった同級生を誘い入れ、それからさらに、学内のイノベーションセンターの「Penn I-Corps」に応募した。

「Penn I-Corps」のワークショップはとても実践的だ Photo: Kanako Shimahara

「思い込み」を捨てる

 

Penn I-Corpsとは、ペンシルベニア大学が持つ技術の商業化を目的としたインキュベーションプログラムで、選考に通ると、数ヵ月間の支援が受けられる。

ベンチャー投資家など経験豊富なアドバイザーから、アイディア具現化のプロセスについてフィードバックを受けられたり、30万円の資金がもらえたりするのだ。

無事にI-Corpsの選考に通ったのちは、重点的に“顧客探し”を始めた。というのも、アイディアや技術を考えているときは、ついつい無条件で「顧客がいるはずだ」と思い込んでしまうからだ。

その結果、「誰のどんなニーズを満たせるのか?」、「そもそもニーズがどれくらい存在しているのか?」、「ユーザーは本当にお金を払う用意があるのか?」、といった重要なポイントを見極めないまま、プロトタイプづくりに先走ってしまう人が多いという。

私たちのアイディアは、「小さな子どもが発達障害の可能性があるかどうか、オンライン上で臨床データに基づいて評価する」というもの。

まずは小さな子どもを持つ親や、小児科医、発達障害研究者など、約30人にインタビュー。そしてターゲットとなるユーザーやマネタイズの方法を具体的に検討し、ニーズを確認できてから、プログラミングができるウォートン生を仲間に引き入れて、プロトタイプづくりに着手した。

パーフェクトな「仲間」たち

現在もプロトタイプをブラッシュアップしている途中だが、やっぱり経験によって学べることは大きいと思う。特に、次の3つが大切だと知ったことは、貴重な学びだった。

1. どれくらい、自分たちが情熱を傾けられる事業なのか。

2. どうして、自分たちが他の誰よりも上手に、そのサービスを提供できるのか(これは投資家が特に重要視するポイントだ)。

3. どうやって、効果的に“仲間”を巻きこんで、多様性のある良いチームをつくりあげるか。

この3つは、起業のプロセスでたびたび問われることでもある。

「ウォートンの同級生はパーフェクトな存在だった。

だって、スタートアップでは“初めて遭遇する事態”に対処しなくてはならないことも多いけど、そんなときに似たような経験のある人が必ずいて、話を聞くことができる。もちろん、教授のヘルプだって得られる」

こう語るのは、私が1年生だったときの「Student Life fellow」として、相談役を務めてくれた2年生の先輩だ。彼女は、マッキンゼーのコンサルタントを経てウォートンに入学し、夏休みにはプライベート・エクイティ・ファンドでインターンをしつつ、最終的には起業の道を選んだ。

「これがダメでも、他にも道はある」というスタンスだったからこそ、彼女は納得のいく形で“リスクのある選択肢”を取れたのだろう。

彼女が立ち上げた「Harper Wilde」というブラジャーのオンライン販売サービスは、いまやライドシェア大手「Lyft」と共同プロモーションをおこなうまでになっている。

彼女の言うように、ウォートンには起業をサポートするリソースが充分にあると、私も思う。それをどう生かすかは、私たち次第なのだ。

******************************************************************

COURRiER Japon の連載記事につきましては、新着がございましたら「関連記事 / リンク」のページに随時更新をさせて頂きます。過去の特集記事についても一覧がございますので、あわせてご参考頂けますと幸いです。