Semester in San Francisco

Semester in San Francisco (SSF)は、MBA2年生の秋学期 (9-12月)をサンフランシスコにあるキャンパスで過ごすというプログラムです。アントレプレナーや、ベイエリアのテック企業/VCへの就職希望者を中心に毎年約70名が参加します。

MGMT731: Technology Strategy, FNCE750: Venture Capital & the Finance of Innovation, STAT 724: Text Analyticsといった実践的なハードスキルを教える授業に加えて、フィラデルフィアキャンパスでも人気のOIDD693: Influenceや、MGMT691: Negotiationsといったソフトスキル系の授業が開講されています。

ベイエリアで活躍するWharton卒業生とのネットワーキングの機会が数多く設けられており、GoogleやFacebookといったBig Techから、シード調達したばかりのスタートアップまで、あらゆるステージの企業のリーダーと会うことができます。卒業生の紹介でSSF期間中にインターンをする学生も多いです。