設備紹介

John M Huntsman Hall

John M Huntsman HallJohn M Huntsman HallJohn M Huntsman Hall

2002 年にオープンしたウォートンのメインビルディングがこのJohn M Huntsman Hallです。教室が48部屋、グループスタディルームが57部屋、大規模コンピューターラボが4部屋、大型のスタディラウンジも2部屋あり、ワイヤレス アクセスはもちろんのこと、いたる所に学生が自由に使用できるコンピューターも設置され、正に最新鋭の要塞のようになっています。MBAの授業のほとんど はこの校舎で行われることとなります。周りに歴史のある建物が多い中、数少ない近代的な建物であり、内装もモダンで非常に綺麗、かつ快適です。24時間 オープンしており、警備体制も万全とのことから、多くの学生の深夜まで勉強している姿を目にすることができます。https://www.wharton.upenn.edu/wp-content/uploads/huntsmanhall/tour/

Steinberg Hall-Dietrich Hall
Steinberg Hall-Dietrich Hall

数 は少ないですが、選択科目等一部の授業が行われるウォートン第2の校舎。ファイナンスやマネジメントなどの各部と教授の研究室がJohn M Huntsman Hallではなくこちらにあるので、時折足を運ぶことになる建物です。John M Huntsman Hallから歩いて1分程度場所に建っています。

Lippincott Library

Lippincott Library
大学の図書館内にあるウォートン専用の図書館。グループスタディルームの他、自由に使用できるコンピューターや勉強机が設置されており、頻繁にお世話にな る施設です。特にビジネススクールらしく電子媒体でのリソースが充実しており、アナリストレポートから学術論文まであらゆる情報が簡単に入手可能となって います。なお、図書館員もあらゆるデータソースに精通しているため、情報検索にあたり適切なアドバイスが得られます。

WRDS(Wharton Research Data Services)

WRDS(Wharton Research Data Services)
ウォートンはビジネススクールの中でもシミュレーションツール、データベース、ITインフラなどの構築にとても力を入れており、それらを他の教育機関や民 間団体等にも提供しています。WRDSもこのような取り組みの中から生まれたサービスで、ファイナンス、アカウンティング、バンキング、エコノミクス、マ ネジメント、マーケティング、公共政策などに関するあらゆるデータベースにアクセスできるインターフェイスとなっています。現在、このWRDSは世界で 250以上もの教育機関(他のMBAトップスクール)や政府機関(SECなど)に提供されています。もちろん、ウォートン生も自由にアクセスすることがで き、プロジェクトで調査や分析をする際などになくてはならないリソースの一つとなっています。
http://wrds.wharton.upenn.edu/

Pottruck Fitness Center

Pottruck Fitness Center

John M Huntsman Hallと同じ2002年にオープンした巨大なフィットネスセンター。プールはもちろんのこと、ゴルフのシミュレーションやロッククライミングまで出来る 設備を備えています。また、ウェイトルームやマシンルームの最新鋭の設備は驚くほど充実しています。学生は年間250ドルで全ての施設を使用することがで き、場所もJohn M Huntsman Hallの目の前にあるため、運動をしたい人にとっては大変便利です。