WhartonにおけるSocial Impactに関連する授業

こんにちは!Wharton日本人の自称Social Impact担当のYHです。

日本でもBOPや社会起業という言葉を耳にすることが多くなっているようで、本当に喜ばしいことで、最近受験生の方からも関連して問い合わせが多い質問は「WhartonはSocial ImpactのMajorがないようだが、一体どんな授業が履修できるのか?」というものです。とうことで本日はWhartonで履修可能な(UPennの他大学院のものは除きます)授業の一覧をご紹介させて頂きます。今日ご紹介する授業以外にもヘルスケア関連の授業やField Application Projectと呼ばれる、実際に企業やNPOの問題解決を行う授業もあります。

Business Ethics and Corporate Responsibility: This course examines the foundations of moral reasoning and the analysis of ethical issues that arise in a wide range of contemporary business practices, both domestically and globally. This course is designed to inform and stimulate thinking on ethical issues, corporate social responsibility, and professional challenges encountered in business. The course material should help enable students to recognize and manage ethical issues and to formulate their own standards of integrity and professionalism. Ethics is not meant to be a stand-alone topic, but should be integrated into all aspects of business. The course relates to issues in organizational behavior and management, strategy, marketing, and international business. Topics covered include competitive intelligence gathering, diversity, fairness in the workplace, shareholder resolutions, social investing, bribery, corporate social responsibility and financial performance, microfinance, global health, and global poverty.

Environmental Management Law and Policy: This course provides an introduction to environmental management with a focus on law and policy as a basic framework. The primary aim of the course is to give students a deeper practical sense of the important relationship between business and the natural environment and to think critically about how best to manage this relationship.

Social Impact & Responsibility: This course provides the opportunity to develop an integrated framework for approaching the wide-ranging field of social impact and responsibility. The course involves the critical analysis of key issues that lie at the foundation of social impact and responsibility as an area of study, and is organized around the question: How should business enterprises and business thinking be engaged to improve society in areas not always associated with business? A key element of the course is the development of frameworks to define and measure social improvement. The course also examines approaches for success in corporate philanthropy, corporate social responsibility, socially responsible investing, business-nonprofit partnerships, social entrepreneurship and the adaptation of business thinking to the social sector. Examples are drawn from a range of areas, including the environment, education, health, economic development, microfinance, human rights, and community engagement.

Management of Crisis Relief Preparedness and Response: The recent floods in Pakistan, earthquakes in Haiti and Chile, hurricane and oil spill on the Gulf Coast, tsunami in Indonesia and wildfires in Moscow have ravaged the lives of millions of people. The frequency and magnitude of large-scale catastrophic disasters around the world is undeniably increasing. This course is a cross-disciplinary examination of disaster response, using recent tragedies as case studies to serve the interests of a broad range of Wharton students from varying business disciplines.   Selected course topics include, i) strategies of health care organizations, ii) challenges and coordination of relief organizations’ supply chain and logistics, and iii) technology and measurement advancing disaster response efforts.

Strategies for Economic Inclusion: The majority of humans, estimated to exceed 4 billion people, exist on incomes less than $300 per year. Over 1 billion of these poor exist on less than a $1 per day. Many poor are denied the opportunity to engage in the global business environment. Constraints they face include those of capital, knowledge, and services. This course is designed to attract those who are interested in the market for the poor. It will provide a managerial guide to those who may want to pursue careers in this space. The course is designed to present a mult- functional view of decisions managers will face.

Societal Wealth Venturing: The basic thesis of this elective course is that many social problems, if attacked entrepreneurially, create opportunities for launching businesses that simultaneously generate profits and alleviate the social problem. This approach generates societal wealth as well as entrepreneurial wealth. The course is distinguished from public sector initiatives to address social problems, and also from “social entrepreneurship” programs where social wealth creation is a by-product rather than the target of the entrepreneurial effort. Student teams are expected to develop a plan to launch a societal wealth generating business. The preference is for them to begin the course with already conceived ideas for entrepreneurial solutions to social problems. They may also join a team to work on a project proposed by a student who already has a business idea.

Political Environment of the Multi-national Firm: To deal with the complex and turbulent international environment a manager requires both a basic conceptual framework which can inform and order political and economical events and an understanding of how the international political economy actually affects strategy. Geopolitics explores the structure and evolution of the international political-economic system and then applies a basic model to several critical issues areas such as the European Community, technology policy, strategic alliances, and national competitiveness. The emphasis of the course in on implications for multinational strategy.

Social Impact of Marketing: This course explores the ways in which the marketing actions of firms can have an impact on society (positive or negative). Of particular interest are the actions that are central to the main products and services delivered by the firm (e.g., the development of products and brands, pricing, advertising, and distribution). There is also a focus on how the consideration of social issues can be integrated into broader marketing strategies and how companies and pro-social organizations can develop metrics for assessing social impact.

Environmental Sustainability & Value Creation: This course approaches environmental issues, and sustainable development more largely, from the standpoint of business. It emphasizes the trends in corporate practices and uses case studies to examine the interactions between the environment and the firm. Value creation focuses on new innovative services and financial products in this fast growing sphere. This course has three objectives: to increase your knowledge as future top decision makers on key environmental questions; to recognize environmental concerns as competitive opportunities; to teach students to think strategically and act entrepreneurially on environmental issues.

MBA生の長期休みの過ごし方、Japan Trek

あけましておめでとうございます。随分と遅い新年の挨拶で恐縮です。2年生のYTです。

先日、ファーストラウンドの合格発表がありました。見事合格を勝ち取られた方、本当におめでとうございます!メーリングリストなどを通じて早速自己紹介等いただいております。素晴らしいバックグランドをお持ちの方々で、お会いするのが今から楽しみです。MBA生活の醍醐味の一つは、素晴らしい仲間との出会いだと思います。Whartonは、トップスクールの中でも特に日本人合格者数が比較的多い学校で、日本国内でもアルムナイを含め素晴らしいネットワークを誇っています。卒業後も、お互いに刺激を与える事ができるような、そんな人間関係を築けていければと思います。

さて、いよいよ我々2年生にとっては、最後の学期が始まってしまいます。人生最後(になるであろう)学生生活悔いのないよう過ごしたいものですが、学期が始まるにあたって、クラスメートの間では、「冬休みどこいった?」という話題で持ち切りです。

仕事に戻れば、激務で長期休みが取りにくくなる、これが最後のチャンスだ!とばかりに学生は世界中を旅するのですが、世界中から学生が来ているWhartonでは春、夏、冬休みに、その国の出身者が自分の国をより知ってもらうために、○○Trek という旅行を企画し、参加者集めに奔走します。

そんな中、我らがJapan TrekはWhartonの中でも一番の人気を誇るTrekで、昨年はなんとオーガナイザー込みで170名ものWharton生を引き連れ、日本を紹介しました。将来世界中のリーダー(になるかもしれない?)人々に日本を売り込む、好きになってもらうチャンス!とばかりに、オーガナイザー全員で忙しいMBA生活の中、準備に時間を費やしました。

簡単に日程を紹介しますと、関空入り、京都集合、京都では、まずはWelcome party、そして清水寺、金閣寺等を見学、その後はいくつものオプションツアーに分かれ 、座禅体験、お寺巡り、芸子さんツアー、大阪弾丸ツアーなど。3日目は一路広島へ。広島では被爆者の方、秋葉市長のお話を伺い原爆記念館訪問、その後宮島の厳島神社へ。その後新幹線で一気に名古屋へ向かいその晩は名古屋泊。次の日は、Toyotaさんに訪問させていただき、工場見学やレクサスを担当されている責任者の方のお話を伺う。その後バスで箱根に向かい、箱根で大宴会。次の日は、東京に向かい、資生堂さんに訪問させていただき、新宿のホテル泊。東京のナイトライフを楽しんでもらい、次の日は早朝から築地ツアー、さらに東京観光を2日ほど(様々なオプションツアーを提供)。最後はクルーズでFarewell Partyを開き、解散!という何とも盛りだくさんで、大忙しの豪華ツアー。

このかつかつの日程で、170名(しかも日本語ができない&一部はわがままな連中?)を引き連れての旅行はなかなかスリリングで、大変なことも多かったですが、オーガナイザー一致団結して運営することができ、参加者から「こんなに満足したTrekはない、最高だった」との声を多くもらいました。

日本の外に出て、色々な国を見て、また「日本は最高の国だ!大好きになった。こんな国で生まれて本当に幸せだね」などと、友人から言われて、改めて気づいたことですが、日本は本当に誇るべきものが多くある国だなあ、と感じます。自然は豊かだし、食事はおいしいし、街は清潔だし、安全だし、人々は親切だし、サービスは行き届いているし、交通機関は充実しているし、発言の自由もあるし等々。。勿論全ては相対的なものですし、日本が多くの問題を抱えていることは重々承知していますが、国内で巻き起こる悲観論から一歩身を引き、日本という国が優れているところ、誇れるところは自分達でしっかり認識した上で謙虚でありながらも自信を失わず、益々いい国にすべく、卒業後一日本人として頑張らないとな、という事を改めて気づかせてくれるtrekでもありました。

Japan Trekの他にも、India Trek, South East Asia Trek, Russia Trek, Peru Trek,等々挙げればきりがないですが、色々な国を実際に回って知る事ができる。そして訪れてみるだけでなく、その出身の友人と政治、経済、歴史等々について深い話ができる、という機会があることもMBA留学の大きな魅力だなと感じています。

今年も1年生がオーガナイザーとなって、春休みに170名のWharton生を引き連れて日本を訪問する予定です。大成功となるよう私も陰ながら、できる限りサポートしたいと思います。

Wharton Social Impact Conference 2010

はじめまして、2年生のYHです。

今日は僕がMBAにおける活動の軸に据えている2つの領域(LeadershipとSocial Impact)のうちSocial Impactについてお話をさせて頂きたいと思います。Whartonは受験生の方の間ではファイナンス・スクールのイメージが強いためSocial Impactに力を入れているというイメージはあまりないのではないかと思います(僕も受験時はそう思っていました)。但し入学をして色々な活動に関わっていくと現実はイメージとは大きくかけ離れており、WhartonのSocial Impactにおけるリソースやノウハウ、生徒の関心はどのトップ校にも引けを取らないということが分かってきました。何よりもSocial ImpactはInnovationとGlobal Presenceに並んでWhartonの学長が掲げるWhartonの戦略の柱の1つとして位置づけられています。学内のClubであるWharton Social Impact Clubには約300名の学生が参加しており、様々なテーマに沿ったワークショップ、受験生の方を招いた学校内でのイベント、キャリアサポート等、幅広く活動しています。授業面では社会起業、マイクロファイナンス、環境、CSR、Social Impact Marketing等、数多くのテーマを対象にした授業が提供されております。

今回はそんな中、私がCo-Chairとして企画・運営をリードしたWharton Social Impact Conference 2010(略してWSIC 2010)をご紹介させて頂きたいと思います。WSIC 2010はWhartonのMBA生と学部生が共同で企画・運営を行った学内でも最大規模のカンファレンスで今年は約450人程度の参加者が11月12日(金)にWhartonのキャンパスであるJohn M. Huntsman Hallに集まって下さいました。今年のカンファレンスは「Building and Scaling Solutions for Change」ということで如何にビジネスを社会貢献に融合していくべきか、またそのような事業モデルを拡大していくか、と言ったテーマで課題や解決策について参加者が議論できる舞台を用意いたしました。当日は2名のKeynote Speaker、約40名のパネリストの方々にご協力頂くことで幅広いテーマについて活発な意見交換が参加者の間で行われ、時には新たなNPO設立についての会話等も行われていました。またこれらのイベントに加えてネットワーキングのためのレセプション、リクルーターとのコーヒーチャット等も主催され、朝から晩まで盛り沢山の1日となりました。以下は当日のイベントについての簡単概要です。

Keynote Speaker #1: Bart Houlahan, Co-Founder, B Labhttp://www.bcorporation.net/

B Lab is a non-profit organization that certifies “B Corporation” businesses according to their social and environmental performances, in order to help investors distinguish good companies from good marketing. B Lab also promotes public policies that support sustainable business.

Keynote Speaker #2: Mari Kuraishi, Co-Founder and President, GlobalGiving Foundationhttp://www.globalgiving.org/

GlobalGiving is a non-profit online marketplace that vets and connects donors to more than 1,000 grassroots charity projects around the world. In September 2007, former U.S. President Bill Clinton endorsed GlobalGiving in his book Giving. Since 2002, approximately 122,000 donors have given $33 million to 3,200 projects.

Panel Discussions:

1. Measuring Social Impact
2. Social Finance & Impact Investing
3. Sustainability and Corporate Social Responsibility: Is ESG the new CSR?
4. How to Succeed as a Social Entrepreneur
5. What’s Next for Microfinance?
6. SMEs: The New Face of International Development
7. Education Reform: Innovations to Narrow the Achievement Gap
8. The Role of Social Media and Technology in Social Impact
9. Food Access in America: Systemic Obstacles
10. Wharton’s Own Entrepreneurs

個人的には今回のカンファレンスは自らSocial Impactに関する知識やネットワークを広げる貴重な機会(日本人として世界を舞台に活躍されているMari Kuraishiさんとお会いできたのは本当に嬉しかったです)になっただけではく、大規模なイベントの企画・運営をリードすることを通じた個人の成長という観点からも大きな学びがありました。今回の企画・運営には30名以上の学生が関わっており、その全員が社会を良い方向へ変えたいという高い志を持っていることに感動すると同時にパネルの運営、マーケティング戦略の立案、当日のロジ周りをそつなく高いクオリティーこなしており、本当に優秀な人たちに囲まれているのだと改めて実感しました。

ということでこれからMBA受験を考えていらっしゃる方、志望校の選定に迷われている方でWhartonのSocial Impact活動に疑問や物足りなさを感じている方がいらっしゃっるようでしたらぜひご一報下さい。本日ご紹介したカンファレンス以外にも様々な課外活動や授業があり、2年間を充実して過ごせるだけのリソースがあることは間違いないので今後も色々とご紹介させて頂きたいと思います。