一斉更新!Class of 2022 日本人学生ブログ5:ジョン万次郎に学ぶ21世紀のグローバル人材像

ビジネススクールへの留学を開始して以来、「グローバル人材とは」について考える機会が増えています。

私は総合商社に勤めていたこともあり、海外案件や海外子会社の事業経営に携わることが多かったのですが、仕事というコンテクストを一旦離れ、学生に戻ったいま、「世界中の熱意あふれる優秀な人と切磋琢磨し、イノベーションを一緒に作り出したい!」というピュアな気持ちをどう具現化すべきか、改めてゼロベースから考えています。

そのヒントが、日本最初にして最高のグローバル人材である、ジョン万次郎の生涯にあるような気がしています。

ジョン万次郎こと中浜万次郎は、1827年に高知県土佐清水市という場所で、漁師の家系に生まれました。そして1841年、14歳だった万次郎は、仲間と漁に出ている最中に遭難し、数日間の漂流後、無人島の「鳥島」に漂着してしまいます。万次郎はそこで過酷な無人島生活を強いられます。渡り鳥でたまたま鳥島に飛んできたアホウドリを捕まえて生肉を食べ、雨水を飲んで水分補給をすることで生き延びたのです。そして漂流から143日後に奇跡が起き、万次郎は仲間と共にアメリカの捕鯨船に発見されます。

そして、万次郎の人柄と熱意を気に入った捕鯨船の船長は、彼をアメリカに連れて行くことを決め、万次郎は日本人として初めて、アメリカ本土へ足を踏み入れることになったのです。

アメリカ本土に渡った万次郎は、マサチューセッツ州フェアヘーブンで船長と暮らし、現地の学校で、英語、数学、航海術などを学び、首席で卒業します。卒業後は捕鯨船に乗り、数年間に渡る航海の旅に出た後、西海岸でゴールドラッシュに参加し、そこで手に入れた資金を持って日本に帰国します。

こうしてついに日本に帰国した万次郎の体験をまとめた「漂巽紀略」は、坂本龍馬や幕末志士の思想に大きな影響を与えたと言われます。また、彼は高知城下の藩校「教授館」の教授になり、後藤象二郎や、三菱財閥の初代総帥である岩崎弥太郎等を直接指導したとも言われています。

さらに、万次郎は、日米修好通商条約の批准書交換のために、アメリカへ行く使節団を乗せた「咸臨丸」に、通訳・技術指導員として乗り込むこととなりました。この軍艦・咸臨丸には、艦長の勝海舟や福沢諭吉など、歴史的に重要な人物が乗っていました。

こうしてジョン万次郎の人生を振り返って見ると、彼は純粋な好奇心と探究心を常に持ち続け、パッションに導かれるまま行動していることがわかります。その結果、同じ志を持った仲間が集まり、新しい機会が巡ってきて、彼はついに日本を導くグローバルリーダーになりました。鳥島に漂着した時点では、彼は日本語もおぼつかない14歳の漁師だったにもかかわらず、です。

彼が戦略的にキャリアを考えて動いた場面や、スキルセットを重要視した瞬間は一度もありませんでした。彼の生存本能が143日間の無人島生活に打ち勝つ原動力となり、彼の好奇心がフェアヘイブンへの道を切り拓き、彼の冒険心が数多の航海とゴールドラッシュへの旅を呼び込み、彼の人生そのものが日本全体の発展に寄与したのです。

昨今、指数関数的な技術発展により、産業革命以来の大きなパラダイムシフトが間近に迫っています。近い将来、労働の概念自体が変化することも予想され、そもそも10-15年後に我々が労働する必要があるのか、という議論すら現実味を帯びています。極度に技術が発展した社会では、スキルや職歴に裏付けられた仕事は消え去り、「志の実現」しか残らないと、私は考えます。

ならば、自分自身の内部から溢れ出てくるパッションに身を委ね、同じ志を持った仲間を探し、熱い思いを集めた松明で未来の道を照らしていくジョン万次郎のような人材こそが、21世紀に求められるグローバル人材像を体現する存在なのではないかと、私は強く思います。150年前の時点では、超例外的な事象として捉えられていた彼の生き様が、これからの未来のスタンダードになるような予感がしています。

そんな私は、改めてパッションに身を委ねることを意識し、ワクワクすることを考え続けた結果、自分の未来を煌々と照らす大きな松明をついに見つけることができました。これからどんな展開が待ち受けているかは誰にも分かりませんが、ジョン万次郎のようにピュアな好奇心を持ち続け、溢れ出る情熱を原動力に、楽しい仲間と一緒にイノベーションを常に追い求める、そんな人生を過ごしていこうと思います。

一斉更新!Class of 2022 日本人学生ブログ4:スコアメイクで悩んでいる方へ

こんにちは。Class of 2022のSNです。私は海外経験が全くなく、社費派遣生に選抜されてから受験準備を開始しました。投資銀行の業務も同時並行で行う受験準備だったものの、最終的に合格できたのはGRE受験によって効率的にスコアメイクできた(2か月間程度)からだったと思っています。そこで今回は、「GRE受験のすすめ」という内容でブログを書いてみようと思います。Class of 2022も5人中4人がGREを活用しており、GREの認知度は確実に上昇していますが、個人的に受験準備時に整理した特徴や戦略を共有させていただければと考えています。特に、私と同じく日本国内の暗記型受験に慣れている純ドメの日本人の方にはGREがおすすめなのかなと思います。なお、以下では「GRE受験のすすめ」という趣旨に鑑みて、GREのメリットを強調しておりますのでその点ご注意ください。

主なポイント

  • GREは主な学校で採用されており、GMATに代えてGREを活用しても目に見えた不利益を被ることはない
  • GMATとGREでは問われる能力や戦略に差があるため、人によって合う合わないが存在する
  • GMAT→GREの移行は容易だが、GRE→GMATの移行は容易ではないため、時間に余裕があれば「もしGMATが合わないと感じたら、GREという選択肢もある」という整理が望ましい
  • GMAT換算700点程度まではGREの方が獲得が容易だと思われるが、730点以上の高得点を目指す場合にはGMATの方が獲得が容易だと思われる
  • GMATと異なって学校別のGREの平均点は広く周知されるわけではないため、学校側からしても点数が低い学生を合格させやすい可能性(GREの平均点はGMATの平均点より低い傾向がある)

GMATGREの特徴(個人的な見解)

GMAT

  • 塾や問題、Prepが豊富に存在する
  • GMATの受験者が多いため、他の受験生をベンチマークにしながらスコアメイクすることができる
  • 学校にはGMATに基づくトラックレコードがあるため、完全に同じ条件であればGREを活用する生徒よりGMATを活用する生徒を優先する可能性がある(?)
  • 問題の個別性が高く、再現性が低いと感じた(努力が成果に結びつく感覚が初期段階から得られなかった)
  • 塾が提供しているメソッドの延長戦上に本番の問題がないと感じた
  • 同じ実力でも点数の振れ幅が大きい
  • 難しい問題をどれだけ間違えずに解けるかが問われていると感じた
  • 時間的なプレッシャーが大きい
  • 求められる能力の範囲が広いため、準備に時間がかかる

GRE

  • 問題の個別性が低く、再現性が高いと感じた(特にVerbalの半数を占める単語問題は努力が成果に結びつく感覚が得られ、実際に単語を覚えるほど点数が上がりかつ安定した)
  • 塾が提供しているメソッドの影響を受けずに、自学自習で対応できる(どの塾のメソッドが良いなどの情報に振り回されることがない)
  • 同じ実力なら点数の振れ幅が小さい(Prepの点数と本番の点数に一致性が高い)
  • 簡単な問題をどれだけ間違えずに解けるかが問われていると感じた(HardやVery Hardが解けなくても高得点が取れる)
  • 時間的なプレッシャーが少ない(試験中に問題を行き来できるため、時間がかかりそうな問題はランダムクリックしても他で正解すれば高得点が取れる)
  • 求められる能力の範囲が狭く(SC不要、CR範囲狭い)、単語暗記は塾の日程に左右されないため準備に時間がかからない
  • 塾や問題、Prepが少ない
  • GREの受験生が少ないため、他の受験生をベンチマークにしてスコアメイクすることが困難
  • 学校にはGMATに基づくトラックレコードがあるため、完全に同じ条件であればGREを活用する生徒よりGMATを活用する生徒を優先するリスクがある(?)

GREの対策

Verbalにおける各セクションの勉強方法は以下の通り。

  • 単語

Text CompletionとSentence Equivalenceは単語問題であるため、大量の単語を覚える必要があることがGMATとの差である。Barron’s Essential Words for GRE、Manhattan Prep GRE: 500 Essential Words and 500 Advanced Words、Agos GREテキスト、Magoosh GRE Flashcards 1000 Wordsを暗記した

  • Text Completion(6問)

文脈を判断しながら、空欄に最も当てはまる単語を選ぶ問題。単語を暗記したうえで、Magoosh GREやKMF GRE(中国のサイト)で問題演習した。当初は正答率が低かったが、問われる文脈の種類が多くないため、問題演習をこなすにつれて問題傾向をつかんで正答率が上がった(2~3点から4~5点に)。Text Completionにおける正答率とスピードの向上がVerbalの点数向上のカギになる

  • Sentence Equivalence(4問)

単純に単語知識を問う問題。単語を暗記したうえで、Magoosh GREやKMF GRE(中国のサイト)で問題演習した。このセクションで確実に3~4点を取ることでVerbalの点数が安定する。Verbalにおいて最初に点数を取れるようになるべきセクション

  • Reading Comprehension(10問)

GMATでいうRC(8問)とCR(2問)で成り立つ問題。RC部分については、Magoosh GREやKMF GRE(中国のサイト)で問題演習した。CR部分については、GMATの方が難しく勉強になるため、GMATのOGで問題演習した。苦手な内容や時間がかかりそうな問題があれば、思い切って捨てることも選択肢であり、取れそうな問題に時間を割いて確実に取れば高得点が取れるし、点数も安定する

  • Prep

Official Prepの数が少ないことが問題となる。しかし、Magoosh GREでPrepを行うことができる。Magoosh GREは本番よりも難しい問題が多いため、本番の緊張によるディスカウントを考えると丁度良いレベルであった。経験上、本番ではMagoosh GREのPrepと同程度もしくは多少高い点数が出たため、GMATのPrepとは異なり良い目安となった

GREは回答の順番を自分で選べることが特徴である。個人的には、知識的な側面の強いText CompletionやSentence Equivalenceで精神を安定させつつ、Reading Comprehensionに落ち着いて望むことが高得点につながる傾向があったため、以下の順序で解いていた。

  • Text Completion(6問):1 Blank問題は30秒~1分、2 Blank問題は1分~1分30秒、3 Blank問題は1分30秒~2分を目途に解く。最初はText Completionの正答率が高くなく、時間もかかってしまったため3 Blank問題を自動的にランダムクリックしていたが、問題演習をする中で正答率が上がり、時間も短縮できるようになったことで取り組むことに
  • Reading Comprehension(4問):Medium PassageとCRをしっかり解く。この時点で15~18分なら順調なペース、20分以内であれば問題ないと整理していた。大崩れしないために精神的な安定を保てるよう、かなり余裕のあるタイムマネジメントを設定していた
  • Sentence Equivalence(4問):30秒~1分を目途に解く。知らない単語なら潔く諦め(単語勉強をすれば知らない単語はほぼなくなる)、知っている単語なら時間内に解けなくても悩んで良い。同じ時間を投下した場合にReading Comprehensionより正答率が高いと判断
  • Reading Comprehension(6問): Medium PassageとCRをしっかり解き終われば、Long Passageはランダムクリックで良いと整理していた。Magoosh GREのPrepで練習する中で、Long Passageに無理して手を伸ばさなくても、他がしっかり取れればVerbalは153点以上に落ち着くイメージがあった(これでMathをしっかり取ればGMAT換算700点以上となる)

終わりに

受験準備においてスコアメイクは1つの要素に過ぎませんが、最も時間やプレッシャーがかかる部分だと思います。特に、GMATで苦労されている方は、GMATありきではなく、GREも候補に含めてみることを強くお勧めします。

家庭や仕事との両立に加えて、コロナによる行動制限など大変なことばかりかと思いますが、是非頑張ってください。何か役に立てることがあれば、ウェブサイトの問い合わせフォームからご連絡いただければと思います。望みの結果が得られることを祈っております。

一斉更新!Class of 2022 日本人学生ブログ3:恋するウォートンMBA

こんにちは。Class of 2022の恋するウォートンMBAです。

実務的・実践的な有用情報については他の皆様がアップしてくれているので、今回のブログではMBAでの恋愛事情ってどうなってるの?アメリカと日本における恋愛の違いは?など、私が渡米直後に困惑した恋愛関連のおはなしにつき独断と偏見に基づき書いていこうと思います。

(How to meet?)

・主に8月から10月のハロウィン頃にかけては毎日どこかで何かしらのパーティが開催されていたり、週末を利用してのミニ旅行なんかも頻繁に開催されているので、そういった場で出会う場合が多いようです。

・なお、出会いの場で気になる人がいる場合には男女ともにあなたに興味がありますよ~という意味で相手をじーっと見たり軽く触れたりする「Flirting」という所作が多用されます(大変よく聞くワードですので覚えましょう)。ただしお国柄によっては男性が女性にFlirtingするのが礼儀のような場合もありますのでそちらは勘違いをしないように気を付けましょう。

(Dating Period)

・日本との大きな違いはデーティング期間の存在で、正式なお付き合いの前にデーティング期間と呼ばれるお試し期間が存在します。

日本は、デート→告白→お付き合い→諸々、に対して、

こちらでは、デーティング→諸々→お付き合い、という流れ。

このお試し期間については、通常の恋人のようにその相手と過ごせる一方で、その期間内の場合は何人とデーティングを平行してもOK!という暗黙の了解があります。なので、

男性「最近誰かと会ってるの(Are you seeing anyone?)」

女性「うん、デートしている人がいるよ」

男性「それってExclusive?」

女性「違うよ」

男性「じゃあ僕が誘っても問題ないね!今から家で一緒に映画見ない?」

みたいな感じです。なお、Exclusiveとはデーティング期間と正式なお付き合いの間といった位置づけで、お互い他の人とはデートしない約束をしつつも正式なお付き合いはもうちょっと待って、という状態です。

こんな曖昧な期間どれだけ続くねん、という感じですが、こちらは人それぞれで1週間程度で正式なお付き合いになる場合もあれば半年ほどかかる場合もあるようです。

・なお、正式なお付き合いへの移行については「Will you be my girlfriend?」と聞かれる場合もあれば、自然に友達に「She’s my girlfriend」とさらっと紹介される場合もあったりと、バラバラなようです。ただし基本的に男性が決定権を持っているイメージです…

(Official Relationship)

・さて、晴れて正式なお付き合いになった際には、びっくりするくらい一緒に行動するケースが多いです。日本ではそれぞれの飲み会なんかは別だと思うのですが、基本飲み会・パーティーは、パートナー同伴が基本。小規模な飲み会でも、パートナーを連れてくね~という人がかなり多く、ラーニンググループの懇親ディナーでも3名がパートナーを伴って現れました。

・なお、付き合って以降のハードルとしてはLoveかLikeか、というところでさらにステップがありまして、I love youという言葉にはそれなりの重みがあるなという印象です(一度言い始めると日常で多用するのですが)。

・なお、ある程度時間がたつと、同棲を考え始めるカップルが多いようです。日本の場合は結婚前の同棲については賛否が分かれるかと思いますが、こちらではほぼ必須のステップとしてMoving inが捉えられているようです。

(Others)

・私の周りの感覚では現在女子の8割程度がパートナーあり、男性は5-6割程度といったところで、特にClass of 2022は女子比率が低いこともあり、男性にとってはなかなか厳しい戦いのようです(知り合いは「All of the good girls are taken…」と嘆いていました)

・年齢は本当に関係ないなあという印象です。私はまあまあのハイエンドに位置しますが、年齢をまず初めに聞かれることもなければ、言っても「ふーん」という感じです。また若い子に比べてMatureだし素敵だね、というとらえ方をされることが多かったりもします。

・Ethnicityは同じ人種間がやはり多いです。

さて、つらつらと恋愛のことばかり書いてしまいましたが、個人的には仕事と同じくらい(私はそれ以上に)、だれと人生を過ごすか、ということは大事だと思っていますし、特に同じビジネススクールの仲間については同じビジョンや夢を共有できる場合が多いので、価値観も似た方に出会いやすいのではないかなと思います。

学業・ネットワークづくりももちろん大切ですが、もし独り身で渡米されるのであれば、恋愛も楽しむことでさらに楽しい学校生活になるかと思いますし、生涯のパートナーを見つける良い機会になるかもしれません。

なお、小職のMBA生活についてはツイッターにつらつらと記しておりますので、興味があればご覧くださいませ。それではまた。

#恋するウォートンMBA